唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のオーダーをアトリエ雲母唐長にてうけ、制作している。また、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれるアート作品を発表し、公共、商業施設、個人邸におさめている。その独特の気配と世界観を持つ唐紙アート作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。
2010年、MIHO MUSEUMに《inochi》が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。
名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える 新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2018.10.31 Wednesday
唐紙の頂点と唐紙の裾野



世の中を変えるには仕組みを変えることだ。
仕組みを変える気概がなければ、第一人者とはなりえない。



1) 唐紙師ということばを復興した。
2) 歴史上初めて唐紙にアートの道を切り拓いた。
3) 文様には意味や物語があり、呪能が宿ることをエッセイとして出版、唐紙と共にその世界観を提唱した。
4) 平成の百文様プロジェクトを主宰、未来へ伝える100の文様を手がける。



この10年でやってきたこと。
これらは、どれもこれも誰もやってこなかったことでした。
オリジナルであるということです。

オリジナルであることのオリジナルの価値が揺るがない為の大事な価値は空気です。
気配とも言う。
デザインや技術はコピーができます、また、デザインや技術の差異から生まれる議論や表層的な価値やその舞台は競争と安易なコピーにまみれている。
オリジンの気配は、誰にもコピーできません。

だから、違う次元を目指し、自らの舞台を創造してきたのです。

文様を心象風景の唐紙としたこと、トトブルーと呼ばれる青い世界観をつくりつづけたことが、唐紙師トトアキヒコという存在の証となり、世界は少し変わりました。
今や唐紙をアートにした第一人者と評価され、その風景は全国に点在します。


此度、4番に記した「平成の百文様プロジェクト」を雲母唐長にて立ち上げました。
唐長を継承する者として、過去と今を紡ぎ未来へと繋げる文化プロジェクトです。これら100枚の板木は、江戸時代より先祖代々受け継いできた600枚を越える板木に加える新たな100枚となり、唐長の歴史と共に後世に伝えられます。
敢えて今挑む必要がないかもしれないとても困難な道へと歩みをすすめ、己を奮い立たせて、挑んでいるのは、ぼくが見えている100年後、200年後の未来の風景を信じているからです。


昔々、ある人にこう言われた。


「唐紙師トトアキヒコは唐紙の頂点を極めればよい、雲母唐長は唐紙の裾野を広げればよい、その両方ともあなたがやるべきことだ」



明日、新天地のアトリエにその人が初めて来る。











2018.10.30
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:15 | - | - |
2018.10.18 Thursday
松栄堂さん1993年の唐紙と2018年の唐紙


香老舗 松栄堂さん本店の床の間を包む唐紙を手がけさせていただきました。
畑社長が1993年の時に整えた室礼を、25年の時を経てこの度改修することになりました。
これからの時代の唐長を担う者として、今回はトトさんにお願いします、と、前回を知る畑社長から指名をうけたことは、光栄なことでありましたが、プレッシャーでもありました。

比べる対象があるからです。
25年前の光琳松の唐紙。オーソドックスな文様リピート仕上げではなく、余白をとりいれた自由配列構図仕上げです。
25年後の今回もまた、お題は自由配列の光琳松の唐紙でした。

余白を構図にとりこむ唐紙は、センスが問われる唐紙です。

四半世紀の間、唐長の仕事として床の間に鎮座してきたその唐紙を目にして、まず思ったことは、四半世紀前にこの唐紙を手がけてくれた人がいたということへの感謝です。
そのことがあるからこそ、今回の改修のタイミングで貼りかえる際に、今の時代のバトンランナーとして、この仕事が存在する。

歴史をつなぐ者は、そこに目を向けなければいけない。
そして、未来を見据えなければいけない。

今回の唐紙も、いつか改装する日がきたり、長い年月を経て朽ちたりする日が来る。その時、未来の人間が、先人は流石だと思える良き仕事を遺す必要があるのだが、良き仕事とは、それは単なる技術論ではない。

ある人に言われました。
伝統を越えることは、その伝統を受け継ぐ者にしかできないことだ。

過去を視る。
未来を視る。
今を視る。


今を視るために、遠くを視る。


ほんのり白く染めて雲母摺でうつしとった極々、静かな唐紙ですが、そこに込めたる思いは溢れんばかりです。
この松栄堂さんの唐紙が、永きに渡り多くの人々に愛でられること、世界の安寧に繋がることを願います。












2018.10.17
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:13 | - | - |
2018.10.11 Thursday
観月の夜の篠笛




小倉山月夜に集う心あり風の音色に鹿来たる








仲秋の名月、記憶に残る月となりました。
お酒、料理、月見だんご…
たくさんの困難もあれども、困難にはそれ以上に希望の種があるはずだ。
カミさまはその人に乗り越えられない試練は与えない。
と、思い歩んできた。
嫌なこと、理不尽なこと、腑に落ちないこともたくさんあったが、それでも前を向いて歩けたのは、その都度都度で支えてくれる人との出会いがあったからだ。
人によって苦しめられることもあるが、一方で人によって救われることも事実だ。
ならば、救われた人たちへの感謝を捧げようではないか。

人生は、ほんと短い。
人生を変えるには、自らが変わること以外ない。
そして、出会いを変えることだ。
出会いにより、環境は変わる。
環境が変われば、性格が変わる。
性格が変われば、人生は変わる。
そうすれば、運命が変わる。



あの夜、美しい篠笛を聞いた。
そして、笛は耳で聞くのではないと知った。
ぼくが目指す唐紙の美と同じ感覚を持つ人。
素晴らしい知己をぼくは得た。











2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:46 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼770
770.風景.JPG

風景



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:42 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼769
769.葵唐草.JPG

唐紙:葵唐草



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:41 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼768
768.丸龍.JPG

唐紙:丸龍



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:40 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼767
767.板木.JPG

板木



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:38 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼766
766.風景.JPG
風景



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:38 | - | - |
2018.10.11 Thursday
トトの眼765
765.風景.JPG

風景:二条城



2018.10.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 00:37 | - | - |
2018.09.01 Saturday
平成の百文様プロジェクト



100年前に板木を彫ってくれた人のおかげで今のぼくたちの幸せがあるのならば、100年後の人たちの為に、ぼくたちはいま何ができるだろうか?


初めにこういう気持ちを抱いたのは、初めて文化財の修復をした際です。
文化財の修復を担ったとはいえ、そのことだけに満足できない自分がいたのです。
今の時代に巡り合わせたバトンランナーとして、手がけたに過ぎない。
伝統を継承する仕事は、やれば終わりでもなく、一個人で完結する仕事でもない。

過去と今がつながることにより、伝統は未来へと継承する可能性が生まれます。

先祖が命がけで守り伝えた板木の恩恵の元に、その板木から生まれる唐紙を、唯一無二の時間軸の価値として伝えるのがぼくたちの仕事であり、この価値ある型(板木)を次世代へと繋げるのがぼくたちの使命です。
時代を生き抜いてきた板木にふれるたびに、今、目の前にある板木は、100 年前、200 年前に板木を彫った人、守り伝えた人、そして、唐紙を愛した人がいたからこそ、唐紙の伝統と文化は伝承することができたのだと、いつも感謝の念が絶えません。

一方では、型を守ることは大事なことだが、守りすぎると型だけが残ってしまう。

大事なことは型に宿る本質だと思う気持ちも強くあった。
時代は進んでいるのに、過去にこだわりすぎると、今、生きているモノが残せない。
数年前から、ぼくにとって唐紙の定義が変わりました。
いや、始まりました。
唐紙は、祈りの風景であり、人々の祈りや願いの物語が込められたカミさまの宿る美しい風景を、ぼくは唐紙と呼ぶようになりました。
文様とは何かという根源的な問いに、向き合ったのです。
だからこそ、今は今の時代の感性や祈りを物語として伝えることに価値があるのではと強く思い、今を生きる時代を反映した板木、すなわち「今の人間の物語」を遺さないということは、未来の時計の針を止めてしまっているのではと思うようになりました。
ただこれまで、その志をかかげて前へと進む勇気も実力も持ちあわせていなかったのですが、この度、覚悟を決めました。

唐長の文化を継承する人間として、この度、凡そ400年の歴史において、唐長が先祖代々守り伝えた板木に加え、新たに、今を生きる私たちの祈りや願いがこめられた文様を100枚創出し、100年後の未来に伝えようと、平成の百文様プロジェクトを発案、創起しました。

伝統とは、常に「今」。

今の私たちが未来へと何ができるかを考え、この時代の空気や気配、面影を板木に託そうと思いました。
いつか誰かの笑顔や幸せにつながることを祈って…

平成の百文様プロジェクトは、唐紙文化の普及を通じて、他の日本文化普及にも努め、伝統と継承、循環と再生の歴史を創造し続け、100 年後の京都に意味のある持続可能(サステナビリティ)な文化プロジェクトとすることを意図するものです。


なにかがつづくということは、つづける人がいるということです。
今、この思いは、明日の種であり、未来の花となるでしょう。





平成の百文様プロジェクト特設ページ











2018.9.1
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)

| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 08:52 | - | - |