唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2020.05.13 Wednesday
しあわせとは何かを自分が決めるしあわせ
L1003255.JPG

おかげさまでぼくは、日々唐紙と向き合い、アトリエの庭を散策する日々です。
新芽が初々しく、新緑はキラキラだし、今年も竹が7本も!はえてきて喜んでいます。その内、2本は既にぼくの背丈をはるかに越えて空に向かっています。
自宅待機やテレワークの方々から、仕事の連絡や様子伺いの電話がきて、お話をすることもありますが、どうですか?と問われても、もともと、アトリエに巣籠もりのぼくは、ウイルス問題の前も後も巣籠もりです、と話すと一様に笑われます。庭の竹は、昨年は1本だったけど、今年は7本もはえてきたので、ぼくの運気は7倍に上昇しているはずだと喜んでいると、トトさんは、なんともお気楽で前向きだ、と、またまた笑われます…
もちろん、ぼくにも不安はありますし、心が塞がり、イライラしたりもします。しかし、そこに心を捉えられてマイナスのスパイラルに陥らないように毎日真剣に心を整える日々を過ごします。
なぜなら、静かな暮らしは、大切な唐紙に直結するからです。
唐紙には手仕事のゆらぎと共に精神のゆらぎがあらわれます。
つまり、イライラした唐紙、ざわついた唐紙では人の心は穏やかにならないと、ぼくは思っているからです。


静かな生活を生きる
Live a quiet life


唐紙師として、ぼくが大切にしていることです。
美しい唐紙が生まれるには、静かな心で祈りを捧げ、向き合うことが必要だからです。
近頃は、ツツジや山吹がきれいに花を咲かせた後にコデマリやヤマボウシが咲きました。
今は、芍薬の蕾が日に日にふくらんでいるのを見るのが、ぼくの毎日のしあわせの一つです。

しあわせとは何か。
しあわせとは何かを自分で決めるしあわせがあってもいいですよね。










2020.5.12
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:55 | - | - |
2020.04.06 Monday
人生を彩る文様 京都「雲母唐長」の唐紙とインテリア(講談社)
人生を彩る文様.jpg

半年ぶりに書きます。

が、この半年怒涛の日々を過ごす中でも書くことからも写真を撮ることからも離れていたわけではなく、本の執筆中でした。もう一つの理由は、唐紙史上世界最大となるアート作品と向き合っていました。24面の唐紙が繋がり1枚の絵となるのですが、トトブルーと呼ばれるしふく刷りから生まれた全長22メートルをこえる青い世界は壮大なスケールとなりました。通常非公開の場ですが、今回特別に本で紹介させていただきました。
「唐紙をこえた唐紙」と評されたこの作品に関しては、後日、書き記します。



人生を彩る文様 京都「雲母唐長」の唐紙とインテリア(講談社)

2020年4月15日、雲母唐長のブランドストーリーブックを千田愛子と共著で講談社より刊行されます。
唐紙の歴史と今、未来を伝える1冊となり、唐紙の施工例やアート作品、コラボレーション、平成-令和の百文様プロジェクトなど、雲母唐長の美意識と世界観を美しい写真とともに伝えています。また、「日本の文様ものがたり」(講談社)の続編となるトトアキヒコのエッセイと写真による「文様ものがたり」も21編新たに書き下ろしました。ちなみに、今日の写真は、最後の最後で校了間際に撮影し、ギリギリで差し替えた最後の1枚です。言葉にも写真にもこだわりぬいた1冊です。

他者を超えるには、全ての力を発揮しなくても超えられることもある。
しかし、自分が成し得たことに対しては、そうはいかない。
自分で自分を超えてゆく。
また、超え続けるには、100%ではなく、常に自身の100%以上の力を発揮しないと超えられない。

以前、ブログにぼくが書いた言葉です。唐紙においては、ずっと、毎回心がけてきたことです。ただただ、自分自身に挑みつづけてきたのですが、本を書くために言葉を綴るというのは思いの外、苦しみました。前回刊行されたエッセイを自分でなぞりながらも、自分で自分を越えてゆくというのは、とても険しく、困難な道のりでしたが、数ヶ月間、ひたすら自身の心と向き合い、内なる声に耳を澄まし手繰り寄せて生まれた言霊を書き記した結果、ぼくにしか書けないフィロソフィに満ちた渾身の21編となりました。全編英訳したのは、世界に思想と唐紙を伝える下準備であり、次の舞台は、世界です。



ぼくは、唐紙の力を信じています。
これまで、人生を賭けてぼくはずっと、唐紙を通じて人々の心がおだやかであることと、世界平和を祈り続けてきました。この時代に、22690人と共に世界平和を祈った22メートルの作品が生まれ、世界への伝承がはじまったことと、雲母唐長の志と思想をこめた新刊が刊行されて、世に発信されることに、与えられた意味を感じます。
美しい唐紙と文様は、人々を救う力となるはずです。

「人それぞれに信仰や信じるものがあるように、きっと、その人が人生において必要とする相性が合う文様が存在するのだと思います。自分と相性が良い文様を見つけることは、人生を前向きにする徴(しるし)となり、よりよく生きるきっかけになるかもしれません」(人生を彩る文様/トトアキヒコ)










2020.4.5
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:57 | - | - |
2019.09.25 Wednesday
自分で自分を超えてゆく
自分を超える.JPG

他者を超えるには、全ての力を発揮しなくても超えられることもある。
しかし、自分が成し得たことに対しては、そうはいかない。


自分で自分を超えてゆく
また、超え続けるには、100%ではなく、常に自身の100%以上の力を発揮しないと超えられない。


自分に嘘はつけない。
自分と向き合うということは、そういうことだ。











2019.9.24
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:38 | - | - |
2019.09.06 Friday
唐紙の未知なる道
願い.JPG


ぼくは、叙事的かつ普遍性のある文様に詩情を与え唐紙とした。
そして、自分の思いとは別の何かが宿ることをいつも願っている。





唐紙を通じて、世界平和を祈るとともに、カミなき世にカミを呼び覚ましたい。
それは、昨日よりも去年よりも10年前よりも日に日に強くなる。
唐紙に初めてアートの道を切り拓いたこと、唐紙を通じて世界平和を祈り続けてきたこと。
誰も挑まぬ未知なる道を歩んできたが、振り返ればたくさんの唐紙という道ができている。
数千なのか数万枚なのか…その思想の証として、今、この世界に無数の祈りの唐紙が存在している。

伝統とは常に今

過去を継承することが継承ではない。
今、ぼくたちが未来に向けて前進すること以上に過去を讃える手段はあるのだろうか。
本当の継承とは、種子が宿るのだ。
未来へと繋げてこそ、伝統の継承といえる。





9月は、日本橋三越本店に招かれ、ホテルニューオータニで開催される三越秋の逸品会にて唐紙師トトアキヒコのアート作品が9点披露されます。
世界初の唐紙となるダイヤモンドと唐紙を組み合わせたアート作品、唐紙とガラスを組み合わせた屏風や額装、パネルなど、今、ぼくが持ちうる渾身の唐紙作品群を披露します。














2019.9.5
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:22 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:はじまりの青
5.はじまりの青.jpg


ほんとのことだから信じるのか
信じるからほんとのことになるのか

ひとは思ふようにある
はじまりは、信じる心の強さを信じることからはじまる。

蕨は、大いなる力が宿る誕生、唐草は、際限なく伸びゆく成長を表す。
何かが生まれること、はじまること、
そして、繁栄することへの祈りをこめた。



作品:はじまりの青/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:08 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:影向
4.影向.jpg

願いよりも強く
もっと強い祈りを…
やがて来る神の降臨を待つために。


作品:影向/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:03 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:星に願いを
3.星に願いを.jpg

静寂の中には音が在る。
音なき音に耳を澄ます
遥か昔の遠き世界
青き祈りを込めて…


作品:星に願いを/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:01 | - | - |
2019.06.24 Monday
唐紙アート作品:ミズハ(丸龍)
2.ミズハ(丸龍).jpg

蠢くチカラ。
寛政六年に彫られたこの龍にこめられたチカラは凄まじい。
強き波動は全てを凌駕し、その祈りを届けるだろう。


作品:ミズハ(丸龍)/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.23
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:49 | - | - |
2019.06.24 Monday
唐紙アート作品:ミズハ(蝶)
1.ミズハ(蝶).jpg

変化と再生。
蝶は復活、再生の兆し。
渦巻くエネルギーは、生と死と再生が連なり続く祈り。


作品:ミズハ(蝶)/唐紙師トトアキヒコ





トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。








2019.6.23
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)


| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:31 | - | - |
2019.06.02 Sunday
令和元年の唐紙 世界平和への祈り
令和元年.JPG

同じ言葉でも、誰が言うかによって伝わり方や意味や結果も変わります。
その先の波紋の広がりにも違いが生じてきます。

だから、もし、何かを伝えたいのであれば、その言葉が相手に響くような自分を先ずはつくらなければならないということです。なんでもかんでも発信すればいいというものでもないし、軽々しく発言するよりも、行動すること、その行動が発言に伴うように黙して己を磨き高め続けることで道はひらけるのだと思う。


2009年のことです。
初めて、唐紙を通じて世界平和であることへの祈りを言葉にして唱えたのは。
当時、理解されず、小馬鹿にされ、誹られもしたけれど、10年後の今、ぼくは史上最大規模の世界平和への祈りをこめた唐紙を手がけている。しかも、この唐紙は、心ある数万人の方々と一緒に作品の制作を手がけるという素晴らしい試みとなった。
数万人とともに手がけるしふく刷りから生まれるトトブルーが誕生することになる。
令和元年5月1日、世界平和への祈りを捧げる唐紙アート作品を納める現場で制作初日を迎えた。
長さ22メートル以上、高さ1メートル80センチ、これだけ大きな唐紙のアート作品は、唐紙の歴史上において初めてのことであり、誰も挑んだ者はいません。

10年前、唐紙を通じて世界を平和にするという言葉を発していなければ、世界平和を祈る唐紙作品という概念はこの世に存在していない訳ですから、そもそも、オファーすらぼくにこないわけです。
つまり、あの時、躊躇したり、諦めたり、何かに屈したりしていれば、今、この歴史的な大作を手がける機会は存在しなかったということです。
本当の言葉というものは、何かを変える力が宿ります。
ぼくは、天から授かった唐紙師の天命を生かすため、運命を変えようと決めて言葉を発したのです。

運命は性格に宿る。

何かがうまくゆかない時に他者のせいや、社会のせいにしがちだが、他者や社会はそう易々とは変わらず、変えることは難しい。
ただし、唯一、変えることができるものもある。
自分のチカラで変えることができるのは、自分自身。

試しにその性格を変えてみればいい。
性格を変えると、人間関係が変わり、出会う人も変わる。
つき合う人も変わる、環境も変わる。
やがては、呼び込む運命までもが変わる。
運命が変わると、人生が変わる。

だから、何かを成し得たいなら自分を変えることだ。

自分を変えることが、世界を変えるという本当の意味を知ることだ。
そう思ってぼくは、これまで生きてきたし、これからも生きる。


唐紙を通じて世界が平和でありますように
人々の心がおだやかで幸せでありますように


この言葉に力が宿り、人の心に響き本当のこととして世界を包めるよう、唐紙を愛してくださる方々と共に令和の時代も真摯に唐紙と向き合い続けます。










2019.6.2
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 08:58 | - | - |