唐紙師トトアキヒコ
Karakami-shi・Karakami artisan・Blue art Japanese culture and innovation is beautifully captured by Kirakaracho, the only Karakami atelier since 1624.

トトアキヒコInstagram
totoakihiko_kirakaracho


唐紙師。平安時代から伝わる唐紙文化の伝統を継承しつつ、現代の世にアートとして唐紙の新しい道を切り拓いた。詩情が宿る深淵なる青い唐紙作品は「トトブルー」と愛され、青の芸術、青の作家とも呼ばれる。
雲母唐長オフィシャルサイト




唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2020.08.02 Sunday
22690人と共に手がけた唐紙史上最大22M24面の唐紙アート作品「Universal Symphony」
2020.8.1作品:Universal Symphony.JPG

作品:Universal Symphony
世界平和への祈りをテーマにした三千世界に奏でる世界平和の為の交響曲。
作品全体に描いた光の道は、月を銀色、太陽を金色で表し、史上最大の唐紙作品となる22メートルに及ぶその光の連続から生まれたうねりには、大きな龍が姿を顕す。2つの光は、月と太陽、陰と陽、過去と現在、東洋と西洋の世界を表します。人々の願いを連れてやがて天空の龍になり世界の平和を守るという祈りをこめて龍亀をうつしとった2頭から放たれた光は、やがて、理想郷へと羽ばたく。中心の青い珠は、22690人と世界平和を祈り、共にしふく刷りにより手がけた尊く美しい祈りの結晶。
永遠(とこしえ)の青となり、世界と未来に光を与えることを祈る作品。



点描とたらし込みを融合させたトトアキヒコ独自技法しふく刷りから生まれたこのブルーは、数万、数十万回の染めを重ねて生まれた深淵なる青い世界ですが、全ては令和元年の初日、たった1つの点からはじまりました。
たった1つの点から、22メートルの宇宙は生まれたのです。

意図せぬことを、意図する。
たらし込みは、絵の具のにじみによる表情を生かすものですが、ぼくの唐紙は先祖の魂と八百万の神さまと共に手がけるという考えがあり、とりわけ、水の力が強く、すなわち龍神がついていると信じています。だから、ぼくのたらしこ込みには意図せぬ偶発生の表情が顕れます。それらは完全にコントロールしきれないところが良いのですが、時に何かが顕れることもあります。今回は作中に幾つかの龍が生まれました。
渦巻くエネルギーをスパークさせた宇宙のような唐紙は、海でもあり、空でもあり、この世と新世界を行き来するような唐紙が生まれました。制作中は、普段は無音で臨むか、ピアノかバイオリン、チェロを聴くのが決まりごとでしたが、今回はなぜかビバルディ、バッハ、ブラームスの交響曲を聴き続け、延々とリピートしていました。完成するまでアトリエには交響曲が大音量で奏でられました。
それぞれを1枚ずつ染めてゆく中で、24枚のバラバラの青の個性を、6つのパートに分けて、色の流れをつくり、最終的には、その6つを1つの壮大な青い世界へと調和させてゆくという試みは、それぞれの楽器を、組み合わせて1つの楽曲を奏でるオーケストラの指揮者のような感覚を覚えました。
このことから、今回の唐紙を「Universal Symphony」と名付けたのです。

作品完成披露後、依頼主から
「見たことのない青、後世に遺したい美しいこの作品は、唐紙をこえて世界の名画になる」
と、評されたことを、誇りに思います。


三千世界の交響曲。
みなさんと共に世界平和を祈ったこの作品が、永遠(とこしえ)の青となり、世界と未来に光を与えることを心から祈ります。
2020.8.1サブ写真.JPG










2020.8.1
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 14:15 | - | - |
2020.06.08 Monday
希望の花を咲かせたクレマチス
庭に咲いたクレマチス.JPG

世の中は大きな変革の時期を迎えようとしていますが、この騒動で、これまで以上に芸術の力が見直される時代が来たのではないか、そのように日々考えています。
家に閉じこもっているときに、人々は様々な形のアートの力によって、自分たちが癒されていることを感じたことでしょう。
そしてまだまだ人々は癒しを求めています。
アートと祈りを融合したトトさんの作品には、そうした人々に希望を与える力があり、そしてまたその声に応える務めがあるのだと思います。
選ばれた者だけが持つ運命、Universal Symphonyという作品を見て、私はそのように感じました。
どうかこれからも力強い作品を生み出し続けてください。(Tさん)



人生を彩る文様を上梓してから、いろんな声が日々届けられます。
このコロナ禍の中で、物理的な距離と関係なく繋がれる人がいることをしあわせに思います。講演会やサイン会など自粛や延期となってしまったので、公に会える機会がぐんと減ってしまいましたが、こういう環境下でも、何かできることはないだろうかと考え、雲母唐長のオンラインショップで講談社の新刊「人生を彩る文様」(サイン入り)を発売することにしました。

Be happy,Make happy

しあわせであることと、しあわせをつくること。
自分がしあわせであることと、他者の喜びをつくることは密接に絡み合った縄のようなものですが、今回のウイルス問題で一番厄介なのは、ソーシャルディスタンスとやら以上に、人との距離や心を分断させたということだと思います。
リモートだ、オンラインだという技術的なことではなく、人と人の結びつきに大きな変化がもたらされた中で、どうやって本当の意味で共生してゆくのか。
これから、その本質が問われてゆくでしょう。
全国から唐紙や作品をオーダーするためにアトリエに来てくださる方々とこれからは、どのようにして向き合うか、どうすれば、唐紙でこの世界に光をもたらせるのか考える日々です。
ここ数日、唐紙を愛する人のために、とにかくひたすら染め続け、かれこれ3万8000回ほど刷毛を振りました…1000本ノックに例えるなら、一人で38回も1000本ノックをしていることになります。晴れた日の仕事終わりには、心身ともにクールダウンしながら庭の水遣りを行い、草むしりをすることが日課となり、日々の庭の移り変わりに心躍る毎日です。
昨年、枯れたと思っていたクレマチスがたくさんの花をつけていて、ハッとしました。フェンスに絡んでいたものがなくなったと思いきや、付近の木々に絡んで、蔓草は生き続けたのです。

クレマチスは、希望の花を咲かせた。










2020.6.7
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:24 | - | - |
2020.05.13 Wednesday
しあわせとは何かを自分が決めるしあわせ
L1003255.JPG

おかげさまでぼくは、日々唐紙と向き合い、アトリエの庭を散策する日々です。
新芽が初々しく、新緑はキラキラだし、今年も竹が7本も!はえてきて喜んでいます。その内、2本は既にぼくの背丈をはるかに越えて空に向かっています。
自宅待機やテレワークの方々から、仕事の連絡や様子伺いの電話がきて、お話をすることもありますが、どうですか?と問われても、もともと、アトリエに巣籠もりのぼくは、ウイルス問題の前も後も巣籠もりです、と話すと一様に笑われます。庭の竹は、昨年は1本だったけど、今年は7本もはえてきたので、ぼくの運気は7倍に上昇しているはずだと喜んでいると、トトさんは、なんともお気楽で前向きだ、と、またまた笑われます…
もちろん、ぼくにも不安はありますし、心が塞がり、イライラしたりもします。しかし、そこに心を捉えられてマイナスのスパイラルに陥らないように毎日真剣に心を整える日々を過ごします。
なぜなら、静かな暮らしは、大切な唐紙に直結するからです。
唐紙には手仕事のゆらぎと共に精神のゆらぎがあらわれます。
つまり、イライラした唐紙、ざわついた唐紙では人の心は穏やかにならないと、ぼくは思っているからです。


静かな生活を生きる
Live a quiet life


唐紙師として、ぼくが大切にしていることです。
美しい唐紙が生まれるには、静かな心で祈りを捧げ、向き合うことが必要だからです。
近頃は、ツツジや山吹がきれいに花を咲かせた後にコデマリやヤマボウシが咲きました。
今は、芍薬の蕾が日に日にふくらんでいるのを見るのが、ぼくの毎日のしあわせの一つです。

しあわせとは何か。
しあわせとは何かを自分で決めるしあわせがあってもいいですよね。










2020.5.12
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:55 | - | - |
2020.04.06 Monday
人生を彩る文様 京都「雲母唐長」の唐紙とインテリア(講談社)
人生を彩る文様.jpg

半年ぶりに書きます。

が、この半年怒涛の日々を過ごす中でも書くことからも写真を撮ることからも離れていたわけではなく、本の執筆中でした。もう一つの理由は、唐紙史上世界最大となるアート作品と向き合っていました。24面の唐紙が繋がり1枚の絵となるのですが、トトブルーと呼ばれるしふく刷りから生まれた全長22メートルをこえる青い世界は壮大なスケールとなりました。通常非公開の場ですが、今回特別に本で紹介させていただきました。
「唐紙をこえた唐紙」と評されたこの作品に関しては、後日、書き記します。



人生を彩る文様 京都「雲母唐長」の唐紙とインテリア(講談社)

2020年4月15日、雲母唐長のブランドストーリーブックを千田愛子と共著で講談社より刊行されます。
唐紙の歴史と今、未来を伝える1冊となり、唐紙の施工例やアート作品、コラボレーション、平成-令和の百文様プロジェクトなど、雲母唐長の美意識と世界観を美しい写真とともに伝えています。また、「日本の文様ものがたり」(講談社)の続編となるトトアキヒコのエッセイと写真による「文様ものがたり」も21編新たに書き下ろしました。ちなみに、今日の写真は、最後の最後で校了間際に撮影し、ギリギリで差し替えた最後の1枚です。言葉にも写真にもこだわりぬいた1冊です。

他者を超えるには、全ての力を発揮しなくても超えられることもある。
しかし、自分が成し得たことに対しては、そうはいかない。
自分で自分を超えてゆく。
また、超え続けるには、100%ではなく、常に自身の100%以上の力を発揮しないと超えられない。

以前、ブログにぼくが書いた言葉です。唐紙においては、ずっと、毎回心がけてきたことです。ただただ、自分自身に挑みつづけてきたのですが、本を書くために言葉を綴るというのは思いの外、苦しみました。前回刊行されたエッセイを自分でなぞりながらも、自分で自分を越えてゆくというのは、とても険しく、困難な道のりでしたが、数ヶ月間、ひたすら自身の心と向き合い、内なる声に耳を澄まし手繰り寄せて生まれた言霊を書き記した結果、ぼくにしか書けないフィロソフィに満ちた渾身の21編となりました。全編英訳したのは、世界に思想と唐紙を伝える下準備であり、次の舞台は、世界です。



ぼくは、唐紙の力を信じています。
これまで、人生を賭けてぼくはずっと、唐紙を通じて人々の心がおだやかであることと、世界平和を祈り続けてきました。この時代に、22690人と共に世界平和を祈った22メートルの作品が生まれ、世界への伝承がはじまったことと、雲母唐長の志と思想をこめた新刊が刊行されて、世に発信されることに、与えられた意味を感じます。
美しい唐紙と文様は、人々を救う力となるはずです。

「人それぞれに信仰や信じるものがあるように、きっと、その人が人生において必要とする相性が合う文様が存在するのだと思います。自分と相性が良い文様を見つけることは、人生を前向きにする徴(しるし)となり、よりよく生きるきっかけになるかもしれません」(人生を彩る文様/トトアキヒコ)










2020.4.5
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:57 | - | - |
2019.09.25 Wednesday
自分で自分を超えてゆく
自分を超える.JPG

他者を超えるには、全ての力を発揮しなくても超えられることもある。
しかし、自分が成し得たことに対しては、そうはいかない。


自分で自分を超えてゆく
また、超え続けるには、100%ではなく、常に自身の100%以上の力を発揮しないと超えられない。


自分に嘘はつけない。
自分と向き合うということは、そういうことだ。











2019.9.24
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:38 | - | - |
2019.09.06 Friday
唐紙の未知なる道
願い.JPG


ぼくは、叙事的かつ普遍性のある文様に詩情を与え唐紙とした。
そして、自分の思いとは別の何かが宿ることをいつも願っている。





唐紙を通じて、世界平和を祈るとともに、カミなき世にカミを呼び覚ましたい。
それは、昨日よりも去年よりも10年前よりも日に日に強くなる。
唐紙に初めてアートの道を切り拓いたこと、唐紙を通じて世界平和を祈り続けてきたこと。
誰も挑まぬ未知なる道を歩んできたが、振り返ればたくさんの唐紙という道ができている。
数千なのか数万枚なのか…その思想の証として、今、この世界に無数の祈りの唐紙が存在している。

伝統とは常に今

過去を継承することが継承ではない。
今、ぼくたちが未来に向けて前進すること以上に過去を讃える手段はあるのだろうか。
本当の継承とは、種子が宿るのだ。
未来へと繋げてこそ、伝統の継承といえる。





9月は、日本橋三越本店に招かれ、ホテルニューオータニで開催される三越秋の逸品会にて唐紙師トトアキヒコのアート作品が9点披露されます。
世界初の唐紙となるダイヤモンドと唐紙を組み合わせたアート作品、唐紙とガラスを組み合わせた屏風や額装、パネルなど、今、ぼくが持ちうる渾身の唐紙作品群を披露します。














2019.9.5
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:22 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:はじまりの青
5.はじまりの青.jpg


ほんとのことだから信じるのか
信じるからほんとのことになるのか

ひとは思ふようにある
はじまりは、信じる心の強さを信じることからはじまる。

蕨は、大いなる力が宿る誕生、唐草は、際限なく伸びゆく成長を表す。
何かが生まれること、はじまること、
そして、繁栄することへの祈りをこめた。



作品:はじまりの青/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:08 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:影向
4.影向.jpg

願いよりも強く
もっと強い祈りを…
やがて来る神の降臨を待つために。


作品:影向/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:03 | - | - |
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:星に願いを
3.星に願いを.jpg

静寂の中には音が在る。
音なき音に耳を澄ます
遥か昔の遠き世界
青き祈りを込めて…


作品:星に願いを/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:01 | - | - |
2019.06.24 Monday
唐紙アート作品:ミズハ(丸龍)
2.ミズハ(丸龍).jpg

蠢くチカラ。
寛政六年に彫られたこの龍にこめられたチカラは凄まじい。
強き波動は全てを凌駕し、その祈りを届けるだろう。


作品:ミズハ(丸龍)/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.23
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:49 | - | - |