唐紙師トトアキヒコ
Karakami-shi・Karakami artisan・Blue art Japanese culture and innovation is beautifully captured by Kirakaracho, the only Karakami atelier since 1624.

トトアキヒコInstagram
totoakihiko_kirakaracho


唐紙師。平安時代から伝わる唐紙文化の伝統を継承しつつ、現代の世にアートとして唐紙の新しい道を切り拓いた。詩情が宿る深淵なる青い唐紙作品は「トトブルー」と愛され、青の芸術、青の作家とも呼ばれる。
雲母唐長オフィシャルサイト




唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2020.10.10 Saturday
トトの眼853
853.蝶.JPG

「はかなさ、長寿、霊魂…。さまざまな意味を付されてきた蝶ですが、ぼくは、アトリエの庭で舞う蝶を見かけるたびに、それを何かの兆しだと考えるようにしています。神さまは、いつも、その人に必要なタイミングで、必要なメッセージをさまざまなかたちで知らせてくれるのだと思います。」
出典:トトアキヒコ『日本の文様ものがたり』(講談社、2015年)146ページ。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:46 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼852
852.ススキ.JPG

嵯峨野の秋景色



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:43 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼851
851.秋明菊.JPG

秋明菊が心地よく揺らぐ季節。
先日、重陽の節句に因んだおもてなしを受け、仙境に咲く霊薬、美味しい菊酒により邪気払いをしました。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:42 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼850
850.季の美ハウス.JPG

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。

建築デザインは、ダグラス・角田・クロール氏によるもので、築100年以上の町家を改装した空間には「季の美」のフィロソフィが散りばめられているので、知的好奇心とともに美味しく楽しい時間が過ごせます。京都初のプレミアムジンとして今や世界No.1の称号を手にした京都が誇るブランドには、単なるモノづくりではなくこだわりと思想があり、そこに共感して僕たちは創業の頃から一緒に仕事してきました。今回は、4メートルほどあるバーカウンターの吹き抜け背面壁に「季の美」の元となった唐紙を納め、ボトルデザインと同様に店内を文様の美のチカラで包み、訪れた人の幸せを願いました。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:38 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼849
849.季の美ハウス.JPG

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:37 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼848
848.季の美ハウス.JPG

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。

季の茶は、平成-令和の百文様から生まれた文様です。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:36 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼847
847.季の美ハウス

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:34 | - | - |
2020.10.10 Saturday
トトの眼846
846.季の美ハウス

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。



2020.10.10
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:32 | - | - |
2020.09.13 Sunday
トトの眼845
845.季の美ハウス

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。

建築デザインは、ダグラス・角田・クロール氏によるもので、築100年以上の町家を改装した空間には「季の美」のフィロソフィが散りばめられているので、知的好奇心とともに美味しく楽しい時間が過ごせます。京都初のプレミアムジンとして今や世界No.1の称号を手にした京都が誇るブランドには、単なるモノづくりではなくこだわりと思想があり、そこに共感して僕たちは創業の頃から一緒に仕事してきました。今回は、4メートルほどあるバーカウンターの吹き抜け背面壁に「季の美」の元となった唐紙を納め、ボトルデザインと同様に店内を文様の美のチカラで包み、訪れた人の幸せを願いました。



2020.9.13
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:50 | - | - |
2020.09.13 Sunday
トトの眼844
844.季の美ハウス

京都蒸溜所の初のブランドハウス「季の美 House(The House of KI NO BI)」
唐紙を眺めながら美味しいジンが楽しめます。

建築デザインは、ダグラス・角田・クロール氏によるもので、築100年以上の町家を改装した空間には「季の美」のフィロソフィが散りばめられているので、知的好奇心とともに美味しく楽しい時間が過ごせます。京都初のプレミアムジンとして今や世界No.1の称号を手にした京都が誇るブランドには、単なるモノづくりではなくこだわりと思想があり、そこに共感して僕たちは創業の頃から一緒に仕事してきました。今回は、4メートルほどあるバーカウンターの吹き抜け背面壁に「季の美」の元となった唐紙を納め、ボトルデザインと同様に店内を文様の美のチカラで包み、訪れた人の幸せを願いました。



2020.9.13
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | トトの眼(Leica photography) | 16:29 | - | - |