唐紙師トトアキヒコ
従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエKIRA KARACHO(雲母唐長)にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
KIRA KARACHO(雲母唐長)/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2013.11.06 Wednesday
トトブルー8曲屏風唐紙作品「星に願いを(蒼天の月)」 コムサステージ銀座店
銀座星に願いを


日本の文化、伝統美の追求された東京コムサステージ銀座店にトトブルーのしふく刷り作品の最新作がおさめられました。ぼくの青の世界観を信じて任せてくださったディレクターの方とのさまざまなやり取りのおかげで、とても刺激ある、そして、とっておきの良い仕事をすることできました。
お互いにリスペクトし合える関係性の中から至福の美の世界が生まれたことに心から感謝したいと思います。
おさめる期日のギリギリのギリギリの前日の深夜までつくり続けたぼくの渾身作です。
どなたでも見れますので、みなさま、ぜひご覧ください。
商業施設の地下から1階、1階から2階へと続く唐紙づくしの階段には24枚のパネルが飾られています。館内のエレベーターの壁面も、3方唐紙に囲まれおり、2階には7メートルをこえる8曲屏風作品がおさめられています。
作品には、海外の方々にも唐紙文化を伝えるために、日本語と英語の説明書きが全て添えられていますが、このような作品書きがつくというのは実は唐紙では珍しいことであり、約5年前にぼくがはじめたことであり、唐紙にその都度、その都度、物語やことばを添えてきたというのは、世界でただ一人、トトスタイルです。

制作依頼時に聞こえた声や制作前…制作時や思案中…はたまた、作品が生まれた瞬間や生まれた後に、めぐるめく言の葉が舞い降りてくるのです。

以下、作品説明。





星に願いを(蒼天の月)

天命を
誘う月に
咲きほこる
我が身に宿る
青を知る



蓮は過去と現在、未来…この世と目に見えぬ世界の狭間に咲きゆらぐ花
青に包まれし世界の清らかなる魂は聖なる花の煌めきに宿る露のように…


数百…数万…数十万回と降り積もりし青の世界。
無数の色がぼくの指を通じて和紙の上で混じり合い生まれる青
水面の揺らめきのような、雲間のゆらぎのような…
暗闇の青と明け方の青が出会う青は、古来も今もそして未来も変わらぬ日本の心象風景を表したものです。


1000年前も…今の世も…1000年後の人たちも
自分ではない誰かの為に、何かのために星に願いを捧げる、星に祈りをこめるという行為は人間の尊厳ある美しい行為である
と、ぼくは思うのです。

「星に願いを」は「しふく刷り」というトトアキヒコ独自の技法で自身の指で点描のように数十万回の時と光を重ねて染められた唐紙です。
山川草木悉有仏性ということばがあります。
葉を見る、枝振りを見る、木を見る、山を見る…
これら全てひとつひとつは、ふぞろいではあるが、つながることにより、調和の美が生まれる。
ふぞろいの中に、調和された美の世界。
そのことを自然に教えられたぼくの覚醒がもたらす色の世界が「しふく刷り」
青も赤も黄も黒も白も混ざりあいながらも、透明感のある青が生みだせないだろうか…
ふぞろいの中に見る純粋な美しさ。
この多様性の交わりこそが、ぼくの目指したものです。
ひとつひとつ重ねた青の光りは、先人へのオマージュであり、今、ぼくが生きていることの証であり、未来への道でもある。

大切なものは目に見えない。
目に見えるものだけはなく、見えないものを感じること。
見ようしなければ、見えず、見ようとすれば、見える、何かがあるのだ。

人は、今、ここ、の、ひとつの存在。
一見、自分と関わりのないとも思われる全ての存在に生かされていることに気づけば、世界は平和に繋がってゆけるのに…



信じるものありますか
信じたいものありますか
だけどそこにあなたの信じるココロありますか

唐紙には、人を幸せにするチカラがあると、ぼくは信じています。
そして、そのチカラは400年もの間、唐紙を愛してくれた人たちの魂とともにぼくの背に宿っているのです。

唐紙を通じて人々が心穏やかで幸せでありますように。そして、世界が平和でありますように。

(唐紙師トトアキヒコ)








※8曲唐紙屏風作品「星に願いを(蒼天の月)」は、下記商業施設2階フロアーにおさまっております。

コムサステージ銀座店
東京都中央区銀座4-3-1










2013.11.6
唐紙師トトアキヒコ
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 23:31 | - | - |