唐紙師トトアキヒコ
Karakami-shi・Karakami artisan・Blue art Japanese culture and innovation is beautifully captured by Kirakaracho, the only Karakami atelier since 1624.

トトアキヒコInstagram
totoakihiko_kirakaracho


唐紙師。平安時代から伝わる唐紙文化の伝統を継承しつつ、現代の世にアートとして唐紙の新しい道を切り拓いた。詩情が宿る深淵なる青い唐紙作品は「トトブルー」と愛され、青の芸術、青の作家とも呼ばれる。
雲母唐長オフィシャルサイト




唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2014.04.04 Friday
命の誕生の場にある唐紙
LDR天井.JPG

京都下鴨にある医療法人仁愛会 川村産婦人科の入院室とLDRに唐紙をおさめさせていただきました。

これは、初めてのことです。

何が初めてかというと、LDRの天井に唐紙があります。
LDRとは、陣痛分娩室(Labor Delivery Recovery)のこと。
つまり、この病院では唐紙とともに命が誕生する瞬間をむかえ、新たに誕生した命がはじめて接する空間に唐紙が存在するということなんです。

唐紙空間の中で出産する産婦人科さん…これは、産婦人科で初めてのことであり、世界初空間。


水の神さまとともに在るぼくが
星の煌めきとともに祈りをささげて
生まれた唐紙


この唐紙は、これから、この場に誕生する命を見守り続けるでしょう。



出産後の入院室の壁面には、角つなぎ文様の唐紙。
命が続くことへの願いがこめられた唐紙です。

ぼくが講演会で、角つなぎに宿る文様の力について話をしたことが、川村さんの耳にとどまり、そこから生まれたご縁から生まれた唐紙たち…大切に発したことばに言霊が宿り、結びつけてくれた機会に感謝したい。



医療法人 仁愛会 川村産婦人科
京都市左京区下鴨高木町40

世界初 産婦人科LDR室.JPG









2014.4.3
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 00:31 | - | - |