唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.08.05 Wednesday
美瑛の青と美影の青
美瑛の青.jpg

昨年、唐紙の世界では、前人未到となるアート作品による美術展を開催するまで、走り続けてきたけど、実は、展覧会の会期終了日、1427+1枚の作品を撤収し、ひきあげた後の何もない会場にポツンと一人で佇んだ瞬間、とてつもない孤独感に陥ったのです。

長い唐紙の歴史において、アートという見解から作品を制作し、世に問うた人は誰もいなかった訳ですから、ぼくが目指した道は、当然、比べる対象もなく、正否を問う事も無く、ただ一人、そのポジションに立ち向かい、切り拓くしかありません。
そして2014年秋、相田みつを美術館のおかげで、東京のど真ん中で、世間にお披露目する場に立てた訳です。
1万人ほどの方々にその舞台を感じてもらえ、多くの反響をうけるなか、ぼくは成し遂げたことの達成感よりも、これから立ち向かうさらなる世界への広さに愕然としたのでした。
成し得たことよりも、自分が為すべきことへの大きな壁を明確に意識したことの方が、成果だったのかもしれません。
それは、極端な言葉で述べると、こういうことです。

世界は、まだ誰も唐紙を知らない。


前人未到とはこういうことか、と、その風景に佇んだことを昨日のように覚えています。これは文章ではなかなか伝えられないことです。
なぜなら、そこに立った人だけが、見る風景だからです。

それ以降は、8ヶ月もの間、唐紙師人生はじまって以来、一番のスランプともいえる苦しい時期をすごしました。

従来の襖や壁などの唐紙づくりは、自ずと身体が動くので何の苦もなく、日々楽しく向きあえるのだが、自らが切り拓いた唐紙アートの道にのたうち苦しみを味わうこととなる。
自身の最大の武器である「しふく刷り」やそれを駆使したアート作品づくりに関して苦悩を極めた時間の集積が日々積み重なり、これほどに作品と向き合うことが、しんどい時間は、ありませんでした。
次々と生み出し続けてきた自分の作品が自分自身に襲いかかってくる感覚です。

常に、前よりも新しいものを、良いものを、見たことのないものを…
と、思えば思うほどに過去の自分が立ちはだかるのです。



先ほど孤独と記しました。
が、ぼくは大きな過ちをおかしていたのです。

周りを見渡すと、ぼくを信じて待っているお客さんがいました。家族や友人がいました。
周囲に心を開くことが必要なことでした。素直に話をしてゆくうちに、周りの方々の手が差し伸べられました。素直に心を開くということの尊さを知りました。弱さをさらけだすということは、人間というものを知る機会にもなりました。

心の弱さは弱さではなく、絆の強さへと転換してゆきました。

みんな、さまざまな言葉で励まし、力を与えてくれました。どうにかこうにか、立ち向かいつつ、徐々に作品が生まれ始めましたが、なかなか進まない作品がありました。北海道のご夫妻からの依頼で5メートルに及ぶ「しふく刷り」トトブルーをグラデーションで描くという作品です。京都の青ではなく、北海道の青で。
北海道の青を知らないぼくに夫妻は写真をたくさん送ってくださったり、DVDを編集してくださったりと創作のイマジネーションの手助けをして下さいました。
玄関先に5メートルほどの作品。つまり、2年もの間、5メートルの空間が空っぽだった訳です…
夫妻にスランプを記した手紙を書きました。
その後頂いた驚きの言葉は、ぼくの人生の宝ものです。


スランプの中で、ひとつわかったことがあります。
例えば、イチローが打てなくなった時にどうするだろうか、ということです。
打てなくなった場合に、また打てるようになるのは、打席に立つことのみ、野球と向き合う事以外に再び打つことはできない訳です。要するにバッターボックスに立ち続けること以外に越えることはできない何かがあるのであろうと思うのです。

ぼくの場合は、唐紙をつくることです
唐紙によるスランプは唐紙と向き合うこと以外に道などない

と、見据えることでした。

幸いにも、たくさんの方々からいろんなオーダーが毎月ありつづける中で
普段通りの唐紙づくりを黙々と淡々とつくり続けるということが、一種のリハビリのになったともいえます。
淡々とつくり続ける中でぼくは立ち上がってゆきました。

唐紙によるスランプは、唐紙でしか乗り越えられない

これがぼくの出した答えであり、つらかろうが、苦しかろうが、つくり続けるしかないわけで、唐紙によるスランプは、唐紙でしか乗り越えられない

唐紙師のぼくは、唐紙と向き合うことでしか見いだせない何かがある

人は皆、困難や悲しみからの学びから、その次の瞬間の行動が試されている。
選んだその道が正しいか否かで悩んだり迷ったりするのではなく、その道が正しくなるように自分が行動すればよい。



先日、北海道の作品設置が完了し、ご夫妻と設計士夫妻と大いに喜びを分かち合いました。
ぼくにとっては、眼を見て話すこと以上の誠意はありません。

光と影。
人生には浮き沈みがつきものです、良い時も苦しい時期をも乗り越えて陰影を放つ人生の如きトトブルー作品は「美影(びえい)」と名付けました。
夫妻のおかげでこれまでの「しふく刷り」とは違う、新たな表現方法を会得しました。


美影の青を得た今のぼくに、スランプは、微塵もありません。











2015.8.4
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:15 | - | - |