唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.08.31 Monday
唐紙師トトアキヒコ初エッセイ刊行 日本の文様ものがたり
トトアキヒコ初エッセイ.JPG

進化とは、異なる環境に適したさまざまな生きものを生み出す枝分かれの歴史である、というのはダーウィンの考えだ。
変異と多様性ということを携えた種こそが、生きながらえる種として保存し続け、そうでないものたちは淘汰されてきた。





何かを発信するには、発信するだけの力を得なければならない。
数年前からずっとずっと願い、行動し続けてきたことがようやく今回カタチになる…


ぼくは、これまで唐紙師として、さまざまなことに挑戦し、創造してきた。
例えば、この唐紙師ということば一つにしても、数年前に意図して復興した言葉。
名称は存在していたが、近年は、呼ばれることも知られることもほんどない言葉でしたが、ぼくは唐紙普及のために復興しました、そしてそれは今のぼくのポジションを当時から見据えて始めたことでもあります。
おかげさまで、今や「唐紙師」と検索すれば、1番にトトアキヒコとでてきます。
これは数年前から誰よりも努力し続けてきたからこそ、今のポジションがあると思っています。

唐紙の歴史にアートの分野に道をつくると決めた時もそうでした。
何度かブログにも書いてきたが、数年間もの間、さまざまなことを戦いぬき、昨年2014年に前人未到の唐紙師として開催することができた展覧会

唐紙の美 トトアキヒコの世界
雲母の旋律 - 400年のひととき -
(相田みつを美術館)


おかげさまで1万人ほど訪れたこの展覧会は、唐紙師としての立場を確固たるものにすると同時に、ぼく自身の発信力を大いに高めた。発信力が高まると、それに比例して共感者、賛同者が増えるということにつながる。

数年前…
ぼくは、ぼくに見えた風景を、世界と共有するためには、その考えと風景を世界に見せる必要があると思った。

共感を得るには共感が得られるように努力し続けなければいけない。
失われてゆく日本文化、唐紙文化の中で、わかってもらえないのは、わかってくれない他者や社会が悪いのではなく、わかってもらえない自分が何より悪いのだという考えから全ての行動は発している。
おかげさまで、今や、アートとして唐紙のオーダーが途切れることなく続いている。



唐紙を伝え、つくり続けるなかで、ぼくがとても大切にしてきたことがある。
それは、「呪能」

アトリエでみなさんからオーダーを受ける際には必ず毎回毎回、真剣に語り続けてきたことであり、講演会でも必ず自分自身のことばで語り続け構築しつづけてきた世界観であり、この話に及ぶと聞き手の方々は眼を輝かせていた。

数年前から千田愛子の本を企画していた編集の方が、ぼくの美術展を見てくれた上でこの考えを知り、別の部署の編集者にその存在と考えを紹介してくれたことで、それらの思想をまとめたトトアキヒコ初エッセイがアート本として講談社より刊行されることになりました。
これが7月17日のぼくのブログに記したことであり、ここ数ヶ月ほとんどブログの更新をしなかった理由でもあります。
ことばに全霊を込めて、エッセイの執筆につぎ込んでいたからです。


気配のある美をテーマに写真もぼくが撮りおろし、板木や唐紙の陰影美、風景写真、エッセイにまつわるさまざまな美術資料などを絡めて200ページほどにとりまとめました。



最後には、相田みつを美術館で来場者の方、数千人の人々が祈りや願いをこめて染めてくれた作品「shi-fuku」を完成させたものを掲載させていただきました。
どういう形で携わっていただいた方にお披露目するのがよいのか、会期後ずっと考えていましたが、講談社さんが素晴らしい機会を与えてくださったので、ぼくの初エッセイとなるこの本で、その機会を得るのが良いと思い8月に仕上げ最後の最後にページにさしこんでいただきました。
みなさんが祈りをこめてくださったしふく刷りがこのような最高のカタチでお披露目できることを、心より感謝いたします。今日の写真は、その作品の部分。全貌は、ぜひ、本をご覧いただければと思います。


人生には転換点がいくつかあります。
むかし、ぼくの考えが変だとか違和感があるとか、異を唱えられた時代を思い出します…
今回の本でも異端の唐紙師として紹介されていますが、今は、むしろ異端と呼ばれることでさえ「力」であると感じます。

転換点とは生物学的にいうと種が途絶えるか、枝分かれの芽を生じてゆくかの転換点でもあります。
ぼくは、唐紙における「生命の樹」を進化させ続けるためにもこれからも戦い続けるでしょう。

今回のエッセイの出版は、昨年の美術展と共に、まちがいなくぼくの唐紙師人生にとって転換点であり、チャンスです。
巡り合わせやチャンスは勝手にはやってきませんし、ぼーっとしてたら通り過ぎます。
偶然という名のチャンスでさえ意図的にをものにする器がなければ舞い降りてはきませんし、その器は、自助努力なしには決して得られるものではないことを、ぼくは知っています。

世界に投じるこのチャンスの一石が、唐紙文化の進化と世界の人々にしあわせに繋がることを
心から
ほんとうに願っています。






KIRA KARACHO(雲母唐長)の本
2015年9月末頃夫婦同日発売予定
講談社
日本の文様ものがたり
著:トトアキヒコ

講談社
京都の時間
著:千田愛子











2015.8.30
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:45 | - | - |