唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.10.07 Wednesday
「京都の時間」千田愛子
京都の時間.JPG

夫婦同時発売というのは希有なことだと思う。
おかげさまで、ぼくたちの初エッセイはそれぞれ無事船出を遂げ、いろいろな反響を頂いている。ぼくの本がこの世に誕生したのは、読者の方は、既におわかりいただいたかと思うのだが、天命があるからです。その天命を遂げる為、唐紙師へと命を注ぐ原動力となり、これまでの苦難の日々を支えてくれたのは妻である千田愛子である。

そんな彼女の本「京都の時間」は、千田愛子が見た京都のおすすめのコトやモノということを案内する本の体裁をとっているのだが、実は大切なことは何かということを問う1冊なんだと思う。

字数の制限や京都という枠組みにおさめているので、ぼくからすれば、彼女が大切にしていることのまだまだ一部だと感じるのだが、何が自分にとって大切かということを知ることが暮らしを豊かにする鍵だということが随所に感じられ肩の力がぬけた一冊になっている。ぼくにとっては、一冊を通して一番目につくのが「主人」という言葉でした。手前味噌になりますが、彼女が一番大切にしているのは、ぼくとの時間ということになるのでしょう。すなわち、読者の方へのメッセージは、友人であれ家族であれ、大切な人とすごす時間の大切さ。
その人と何を食べるか、どこへ行くのか、どんな格好で会おうか、何について語ろうか、お土産何を選ぼうか、招く料理は何にしようか、どういうしつらいにするのか、どうおもてなしするのか、その時、何を着るのか、どんなファッションにしようか、どんな家に暮らそうか、どんな部屋にしようか…さまざまなことに、あらゆることにつながってゆく、根本的なことは、誰とどう関わって生きてゆくのか、です。
そこに介在するのがモノ。

物事やモノ自体の善し悪しの判断を自分の価値観ですることはとても大事なことです。ブランドやラベルに左右されて、人が良いというから良いのではなく、高価だから良いものとか、毛並みどうこうとか、そういう価値観ではないのです。ほんまもんは、そういう価値観ではありません。
彼女の本から、そのことが伝わればぼくは嬉しく思うのです。

身につけるものや身の回りのものでも、自分の好きなものを選び取る力が大事だと思うのです。モノを見る眼、しかも、本質を見る眼が大事で、それは、好きが一番だと思います。

好きゆえに物語が生まれ、人がそれを語り継ぐようになり、伝播する。

千田愛子の好きは、きっと、続編が生まれ、インテリアやファッション、暮らしかたなどを彩る世界をこれからも発信してゆくことになるでしょう。



千田愛子の初エッセイ「京都の時間」
唐紙師トトアキヒコの初エッセイ「日本の文様ものがたり」
は、全国の書店で発売中です!

唐紙師トトアキヒコのトーク&サイン会も下記日程で行います。
ご都合あえばお越しください。

10月10日には、京都四条烏丸「大垣書店四条店」
10月12日には、兵庫県西宮の100種類以上のハーブに囲まれた自然の中にある体感型施設「むすびのガーデン」
10月24日、25日には、東京「伊勢丹新宿店」











2015.10.7
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)

| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 06:02 | - | - |