唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.11.17 Tuesday
遠くを見るチカラ
遠くを見るチカラ.JPG
何かを変えるには、勇気と視力だ。

不安や畏れもある…抵抗や反対を受け批評にさらされたりもする。
自分は善かれと思っていても、周囲からすると、何がしたいのかさっぱりわからないとか、やめてほしいとか言われるのは、なぜだろうかと考えた。

モノゴトや体制を変える時に、現状維持を好ましいと考える人はたくさんいるし、そこで暮らしてきた人や、ましてやそのことにより既得権益を得てきた人にとっては尚、一層、変えることに不安や抵抗をおぼえるのかもしれない。
変わることにより、どうなるのかということが見えないゆえに、人は不安や変化を拒んだりする。
先が見えないからだ。

未来を予測する一番の方法は、その未来をつくればいい、と誰かが言った。

今、無いものだから、今、見えていない景色だから不安を抱き、拒むのであれば、目に見えるようにすればいい。
だから、ぼくは誰にでも目で見てわかるように自らが行動することによって、唐紙の未来を示した。

唐紙の未来のため、毎日、毎週、毎月、毎年つくり続けた。
今も毎日つくり続けている。
毎日つくりつづけているということは、どういうことか。
オーダーが絶え間なくあるということだ。
それは、ぼくが提示した唐紙の未来への賛同者、共感者が広がり続けているということでもある。

その昔…誰もなし得なかった唐紙にアートの道をつくろうとした時、邪道や異端と揶揄されたことが、今やスタンダードとなり人々の日常を彩るようになった。


未来を予測する一番の方法は、その未来をつくればいい

今また、ぼくは次の舞台へあがるための大きな変化をむかえることを決めた。
変化に必要なこと
一歩ふみだす勇気と来るべきその風景を見る視力だ


新しい変化に際して必要なことは、もうひとつ
それは新しい人と出会うことだ。

出会いは、大きな変化のチカラだ











2015.11.17
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 13:08 | - | - |