唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.12.30 Wednesday
一橋大学の教壇に立つ
一橋大学の教壇に立つ.JPG

2015年12月9日は、覚悟のいる大きな挑戦だった。

これまでさまざまな場で講演をしてきた。講演会場やホテルや商業施設、店舗、百貨店、神社にお寺に個人邸宅…大きな会場では東京ドームでも話をしてきたが、今回はそのどことも違う緊張感と向き合うことになる。
唐紙を伝統工芸として捉えるのであれば、芸術系の大学で話すのはまぁ普通のことだし通じることも多々あるのだろうが、今回のクラスは一橋大学の大学院でありビジネスを極める場。しかも、通常の講演会は、少なからずとも唐長や唐紙に興味がある人が対象であり、そういう方々が入り交じる中に、呼ばれて話をする訳だからある程度は話が通じるということが前提である、今から考えるとなんとも恵まれた状況下での講演をしてきたものだとさえ思える。

今回は、違う。
唐紙も唐長もトトアキヒコも誰も知らない。
なおかつ、日本語は通じず、英語のみの世界各国でこれから活躍するいわゆるビジネスエリートたちの為のクラス。

そう。誰も、何も、知らない、のだ。

そんなある意味苛酷な状況下でなぜ、ぼくはこの依頼を引き受けたのかというと、それは「挑戦」というひと言に尽きる。
なぜなら、ぼくは、これから唐紙を世界の舞台で発信しようとしている。
つまり、言葉も通じない、誰も唐紙のことを知らないところへ唐紙を届けるということをしようとしている。誰も何も知らない場において、ぼくの話が何かしら共感を得ることができないのであれば、そもそも唐紙が世界に出ることなどできない訳だから、今回の機会は、ぼくのチカラが世界に出るだけのものがあるのかどうかを推し量るリトマス試験紙でもあった。
結果は、1時間ほどの講義が2時間近くに及び、その後、学生たちの質疑応答は1時間に及び3時間以上話し続けた。

唐紙を知り、魅了された学生たちにぼくは囲まれることになった。




一橋ICS国際経営戦略コースは、日本初の専門大学院として国際的なビジネスのプロフェッショナルを養成する日本で唯一授業をすべて英語で行うビジネススクール。一橋ICSのビジョンは”Best of Two Worlds”であり、西洋と東洋、実践と理論、新しい経済と古い経済、持てる者と持たざる者など2つの異なる世界の間の架け橋となることだそうで、これはまさに、ぼくの志とも合致する。
新宿伊勢丹でぼくの講演会を聞いてくれた一橋大学の講師である西坂さんが興味を抱いてくれたことから、このクラスを受け持つ西坂さんと木村さんから依頼を受けた。日本の多くの伝統工芸が廃業や縮小を余儀なくされている中で、新たな顧客層を開拓し、アートとしての唐紙を届ける挑戦は、まさにブルーオーシャン戦略でもあり、世界から集まる次世代のビジネスリーダーにも学ぶところが多いはず。今回は、トトさんのアーティストとしての側面だけでなく、プロデューサーとしての考えもお聞かせ頂けたら興味深いとのことだった。

冒頭に、西坂さんより伝統産業が抱える問題や現状、国の政策などの説明があり、産業としていかに斜陽であるかの背景がスライドをまじえ語られた。これらの問題点をすべて発想の転換で乗り越えて唐紙にアートという新しい命を吹き込み、新たなマーケットを作り出したトトアキヒコ様のご紹介!…というなんともハードルのあげられた状態でぼくは壇上する。
ちなみに、唐紙の外的環境として和室数の推移は、1970年代59.0% だったものが2000年代では23.7%に激減しているそうだ、和室とともにあった唐紙であれども、斜陽どころか、今、ぼくが抱える全国からの唐紙の制作受注は過去三年間右上がりに上昇し続けている。

まず初めに唐紙の歴史や背景などを説明し、ぼくが気付きを得た唐紙の本質を学生たちに話をする。単なるデザインや装飾紙として捉えてもらいたくなかったので、唐紙に潜む美のチカラの根源はどこからくるものなのかということ、文様に宿る祈りのチカラなど時間をかけて話した。公用語は英語なので、西坂、木村両氏がぼくの日本語を英語に通訳してゆく。教室は、とても静かだ。緊張感というよりかは、品定め、というか分析されているといった空気が漂うなか、普段の話では空気が変わるとこでも通訳による時間差と言葉の壁のせいもあり、慎重な空気が漂う時間だったように思う。

その後、
伝統工芸として伝えられてきた唐紙になぜ、アートの道をつくろうとしたのか、また、その結果について話す。和室の減少と暮らしの変化、他が途絶えてしまった結果唯一残ったことによる特異性がさらに買い手のハードルをあげ、文化財修復などを手がけることは、時に逆効果を生み、より一層ハードルがあがる要因となることを説明した。
すなわち、多くの人が唐紙を知らない中、和室がない暮らし、価格が高い、時間がかかる、京都までわざわざ行かねばならないオーダーの手間などマイナスの要素だらけの中から、買わない理由をぼくは一つ一つ消してゆき、話をすすめた。
伝統として特別なとこに奉られたとっておきのものよりも、本当に心から必要とされるとっておきのモノとして唐紙を愛する人との関係性を築くことの方がぼくにとっては尊いのだ。
とっておきというのは、歴史や伝統があり、希少価値があり価格も高いから価値があるというのは、ぼくの考えではない。

本当に必要とされるモノとなってこその、とっておきこそが、ほんまもんだと思うし、そこを目指している。

この辺りからは、ぼくがビジネスモデルとしてどう捉えているかという話も含めて講演する訳だけど、ここからはこれまでの講演会でも話してこなかったぼくにとっても初めての試みが始まる。
ビジネスの世界におけるモノゴトの革新が生まれる状況下、成功する新規事業3つの条件について話をする。

1)市場が大きいということ
2)そこでの不満や不便があること
つまり、市場はあるが、改善の余地があるということ
3)変化の兆しがあること
時代の変化、技術革新、規制緩和などの変化が起きているということ

この3つの観点からぼくのしてきたことや考えを当てはめて語った。
失われてゆく日本文化、唐紙文化の中で、わかってもらえないのは、わかってくれない他者や社会が悪いのではなく、わかってもらえない自分が何より悪いのだという考えから全ての行動は発している。

未来を予測する一番の方法は何かわかりますか?

と尋ねると数人が手を挙げてくれた
その内の一人に尋ねると、
「build up!」
と彼は笑顔で答えてくれた。ぼくは対話できることがとても嬉しかった。

そう、
未来を予測する一番の方法は、その未来を自分がつくればいい。

マーケティングや分析はとても大切なことだけど、ぼくからすればそれらは全て過去のことだ、そこに重きをおくよりも、それより未来に目を向けませんか、未来を視るチカラこそが大事だと話した。
いつだって未来は、前にある。
選んだ道の正否を分析するより、選択した道が正しくなるように行動することのほうが大切だと思う。
今、無いものだから、今、見えていない景色だから不安を抱き、拒む人がいるのであれば、目に見えるようにすればいい。だから、ぼくは誰にでも目で見てわかるように自らが行動することによって、第一人者として唐紙の未来を示した。
世界に通じるポテンシャルがある唐紙を誰にでもわかるカタチで見せるためにアートにした訳だし、世界の舞台にでる為には世界のルールに則る必要がある。
すなわち、アートは世界共通言語であることに素直に目を向けたのだと。

伝統とは、というお題についても時間をかけた。
なぜ唐長が400年続いてきたのか
文化というのは、一方向でなく相互間
愛おしんで手がけたつくり手と愛おしんでくれはるつかい手
時間とともに朽ちてゆく良さ、ダメージや傷ですら愛おしく思える文化
頑丈だから、丈夫だから残るのではない
語りとともに、受け継がれてゆくことの大事さ
モノを越えるモノの物語
伝統とは、常に今
延暦寺不滅の法灯の話
など

唐紙は唐紙というモノだけでは、決して400年も続いてこなかった、というのがぼくの持論であり、確信でもあります。
つくり手もつかい手も、時代を超えて受け継ぐべきは、単にモノではないし、名や技術だけではこの先長くは続かない。

黒板にピラミッドの図を描き、1200年をこえる歴史を持つ唐紙の図式を表した。
最初の800年ほどの時代とその後のある革新後400〜500年のこと、そして2008年の革命以前以後のこと、やがて50年、100年経った時の唐紙の世界の三角ピラミッド図式に描かれることになるトトアキヒコ以前以後の話をした。どれほどの覚悟をもって、変化に挑んだことが伝わったと思う。
変わらないためには変わり続けること、変化と多様性の中から新しい価値を見いだすことが時間をこえて伝わり続ける秘訣であると、ぼくは思うし、世の中の仕組みごとつくる気概がなければ、第一人者とはなり得ない。

遠くを見据える未来を見る視力が大切だと最後に繰り返し、イソップの童話である3人のレンガ積みの話をして講義を締めくくった。
ぼくは3人目のレンガ積みと同じ思いで仕事をしている。
この先唐長が50年、100年と続いたときには、この日の講演も、歴史に残る唐紙の壮大な物語をつなぐひと時となる。希有な時間を一橋大学の学生たちと共有できたことを、心から嬉しく誇りに思うし、ぼくの話に共鳴したあなたたちがやがて自国に戻り世界で活躍するうちに、ぼくたちのビジネスパートナーとなる日が来ることを心から楽しみにしたい。
と、締めくくった。




講演終了後、質問時間を設けた。
これまでの講演では見たことのない光景を迎えた。
クレバーで熱気帯びた彼ら彼女らは、矢継ぎ早に手を挙げて、1時間以上質疑は続いた。

どんなコラボが有効かとか
こういうコラボは考えないのかとか
国内と国外どちらが大事かとか
世界に出ようとマーケットを世界にするならば、世界的なメジャーブランドと手を組む気はあるのかと、固有名詞を挙げて尋ねられて答えに困ったこともある。
たくさんの人に知ってもらいたいが、心ない人には愛してもらわなくてもいいし企業路線の違いがそれぞれにある中、ぼくの中で改めてさまざまな企業イメージを見直した時間でもあったその中で、メジャーになれども志や愛情が作り手も使い手も薄くならずにやっている世界的企業も確かに存在することをぼく自身認識した
また、その方の国でどのように文様が研究されているか教えてくれる人
質問と称して挙手し、他の事例として自国では失われた他国で残され伝統文化が近年本来の国で復興したケースを紹介し、今度このイベントを開催するにあたり、あなたも一緒に何かできるかもしれないと話をしているうちに質問じゃなくなる人もいた…笑
なんでこういうことを言っているのかと言うと「Like You」だからだ、と言われたりも…笑
また、ぼくが直面して抱えている一人での生産能力の壁の問題を鋭く指摘する人もいた
これに付随して、今後取り組む弟子や後継者、技術論の話を一万時間の法則を絡めて話をしたりする

さまざまな角度からの質疑応答で、学生たちには、ぼくが持つ「古今異」と呼んでいる3つの顔が浮き彫りになったと思う。
古は、従来の伝統を継承すること
今は、今の時代にあう新しい唐紙の道をつくりだすこと
異は、他者と交わり新たな価値をつくりだすこと

一橋大学での講演を終えて、今、思うことは、ぼくに内在する3つの側面を明確に認識したことだ。
それは、
唐紙師であり、プロデューサーであり、経営者であるということ。

この3つの顔の内どれが世界舞台へと貫くことになるのかは、わからないが、つくり手(player)として世界舞台で戦うチカラがあるということが、唐紙師トトアキヒコにとって全ての始まりだと思っている。

もうひとつ得たもの。
陰影のゆらぎ、不揃いの美、余白の美など気配のある唐紙を最上とするぼくの話す日本語はなかなか英語にするニュアンスが難しく伝わりにくく、取材やメディアでもいつも困っていたのだが、西坂さん、木村さんは、これまでの誰とも違う空気をもたらし美しい英語を話したことに驚きと喜びを得た。
西洋社会におけるアート世界に認知されるには、西洋社会のルールに則る必要がある、そこにはことばや理論、意図の説明や背景が不可欠であり、日本特有のそして京都では特にその傾向が高い、そんなこと話さなくてもわかるとか、というのは所詮日本でしか通用しない。
本気で世界に出るには、唐紙のこともぼくの作品意図を全て言語に置き換える必要がある。もちろん、モノとして美しいこと、本質的に圧倒的に潜むパワーがあってこそというのが大前提であるが。

今回の出会いは、これまで届かなかった場へ、思いを届ける声を得たとも言える。

みんなと撮影した1枚の写真。
届かなかった場に届け得る声を得たということ、ぼくの話を聞いた未来を担う人たちが世界各国に存在するということ、このことは、来るべき唐紙の未来に大きな意味をもたらすであろうとぼくは確信する。

一橋大学の教壇に立つ2.JPG










2015.12.30
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 07:36 | - | - |