唐紙師トトアキヒコ
従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエKIRA KARACHO(雲母唐長)にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
KIRA KARACHO(雲母唐長)/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2016.12.23 Friday
史上最長の唐紙アート作品:光の輪
唐紙作品:光の輪.JPG

リーガロイヤルホテル京都「フレンチダイニング トップ オブ キョウト」

作品:光の輪

雲がたなびき
ワラビは芽ぶく
桜が咲きて
花は散りゆき


いのち渦巻き 解き放たれて
星に願いを 祈りを込めて
心静かに キラキラ輝めく

秋風薫る 黄金色
季の美はうつろう…


寒さに身ごもる命の証
六花に雪がれ
希望の梅は花ひらく

松はとこしえ
祈りを連れてめぐりゆく

光の輪
めぐりめぐりて
また出会う




2016.秋
トト アキヒコ


この詩は制作途中に思い描いた心象風景である。
移ろい変わりゆくからこそ一期一会の時を愉しめるのだと思う。


まばゆい光に眼を閉じている間にもすぎゆく時間
人生は短いが
人が成し得た志は
人の記憶として時間とともにとこしえにつづく

空の青と交わる唐紙
朝の青、昼の青、そして夜の青
さまざまな青の表情を見せるトトブルー
時間の移ろいを「光の輪」として取り組んだ作品。


ぼくが唐紙にアートの世界として道を切り拓くと覚悟し表現を初めてから8年が経つ。

いつかオランジュリー美術館にあるクロード・モネの「睡蓮」のようなシチュエーションで唐紙を披露したいとの願いがあった。
そのシチュエーションとは、大きなまぁるい曲面に唐紙の世界を表現すること。

今回、得た機会は34メートルにも及ぶ円柱に唐紙をアートとして展開するという話。2014年東京国際フォーラム「相田みつを美術館」において、世界で初めて唐紙をアートとして美術展を開催した際にお披露目した最長17メートル作品をこえた34メートル作品は、ぼくにとっても、唐紙史においても記録すべきものであり、他に例をみない唐紙のアート作品となった。


どんな困難や障害にも屈せず、志高くやり続けていると、いつか必ずそれを受け止めてくれる人やクライアントが現れるものだ。
今回出会った方々、縁を繋いでくれた方々に心から感謝したい。


8年前に決めたことは、もうひとつ。

唐紙を通じて人々がしあわせであること
そして、世界が平和であることを祈り唐紙をつくり続けること

あの日以来、ぼくの手から生まれる唐紙に祈りが宿らぬものは1枚もない。
唐紙は、祈りの風景だと悟る。
面影や記憶が宿る唐紙が最上であり、今もその風景を日々追い求めている。











2016.12.23
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 23:54 | - | - |