唐紙師トトアキヒコ
従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエKIRA KARACHO(雲母唐長)にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
KIRA KARACHO(雲母唐長)/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2017.08.01 Tuesday
美しい唐紙がある暮らし
美しい唐紙がある暮らし.JPG

時折、お客さんの家に行くことがある。
近頃は、唐紙はもちろんのこと、襖や壁紙をはる表具仕事はもちろんのこと、家やマンションの改修や造作、家具などの仕事も受ける機会がふえ、雲母唐長の仕事は唐紙をベースにしたインテリア全般に広がりゆく。

先日、六甲にあるご夫妻の家を訪れた。
初めて唐紙の相談を受けお会いしてから1年ほど経つだろうか…
今、そのご夫妻の家には、リビング、ダイニング、和室の天井、建具、壁面、床の間…随所に唐紙がある。

ご夫妻の暮らしに初めて触れたときは、至るところに趣味趣向の香りがちりばめられていて、居心地の良い家だと感じた。それは仏像や骨董から感じられるぼくの好みの波長からくる安堵感という訳だけでもなく、人間として好きなモノへの美意識がある人への安心感でもあった。
人間の好みは千差万別ではあり、そのこと自体は自由でよいが、自分の好きなものがある、好きなものがわかる人がぼくは人として好きだし、面白い。

随所に唐紙のある暮らしに多くを語るでもなく、ご夫妻は、ただニコニコと微笑んでいる。

和室で寝転ぶためにつくった天井をみるために、失礼して、ぼくは寝転んだ。
あぁ…こういう景色かと思うどおりのところと思う以上のところがあり、面白い。
奥さんが主人は毎日そこで寝転んでいますよとか
建具を閉めて部屋に籠っているんですよ…と笑っている。
ご主人は1日1回は、必ずここに寝転んでいると笑っている。

唐紙の美をどうこう語るのではなく、ただ美しい唐紙のある暮らしに微笑んでいるご夫妻を見て美しいと感じた。

帰り際に、奥さんが、私が大切にしているモノといって見せてくれたモノがあった。地母神だろうか…手に入れた際についていた埃もそのままとらずに大事にしていているのと嬉しそうに語る。
それは唐紙が好きだと話す時と同じような表情だった。


こういう人たちに愛されてこそ、手仕事の陰影とゆらぎは生まれる。板木らしさ故のその滲みや掠れとともに江戸時代から時を越えて、今を生きる人間の精神性のゆらぎとともに甦った気配のある唐紙は、時代の空気を纏い、愛され次の時代へと残ってゆくのだと思った。


愛おしんで手がけたモノを、愛おしんでくれる人のもとへリレーできるしあわせ。











2017.7.31
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 03:11 | - | - |