唐紙師トトアキヒコ
従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエKIRA KARACHO(雲母唐長)にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
KIRA KARACHO(雲母唐長)/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2017.08.30 Wednesday
信じる自由
信じる自由.JPG

刷毛を一振り…二振り…するうちに、やがて心はどんどん空っぽになってゆく。



今日も染めてた。
気付くと2000回以上ほど刷毛を振っていた…
不思議なもので
そうこうしていると、今迄気付かなかったカミさまのサインに気付いたりする。
だんだんと心が軽くなったり、解決策が見いだせたり、助けてくれる人と出会ったりする。



もう少しでコトが成る

一生懸命やっているうちは、このもう少しがいつなのかわからないし、そもそもそんな気持ちの余裕もなかったりする。
無意識無我夢中だから。
けれど、ふとした時やめげそうになった時やはたまた立ち止まってしまう事態に遭遇した時など、要はなんだかうまくゆかない兆しを感じた時に、ついつい人は考えてしまう。

その時に
もう少しだ…と身を奮い立たせるか
もう駄目だ…とあきらめてしまうか
人生は選択の連続だ

やった人にしか見えない景色がある
辿りついた人にだけ見える景色がある

この先のこのカーブを曲がったら…
この壁をこえたら…
もう少しで辿り着くはず
と思えるかどうかだけど、
もう駄目だとあきらめる自由もあるけど、
もう少しで辿り着くはずだと思う自由もあるはずだ。


世界を変えるには、まず自分が変わることだ。
あきらめていた自分が変わる事ことで、変わる何かがあるかもしれない。


もう少し
もう少し…
もう少しでコトが成る

積み上げてきた道をふりかえると、うまくゆく時は、運がよかったのだと思う。
そうとしか思えない出会いや事柄に満ちあふれていた。
うまくゆかない時は、自分に何が足りないかを突きつけられていると考える機会だ、もしくは、時期が違うのかも。

だから、運を手にするには
もう少し
と呪文を唱える。
来るべくその瞬間に幸運の女神と立ち会うために
よりよくなると信じること、よりよくなるように努力することだ。



一寸先は闇でも、その一寸先が闇だとは限らない。
だから、ぼくはその一寸先に手をのばす。











2017.8.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:36 | - | - |