唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のオーダーをアトリエ雲母唐長にてうけ、制作している。また、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれるアート作品を発表し、公共、商業施設、個人邸におさめている。その独特の気配と世界観を持つ唐紙アート作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。
2010年、MIHO MUSEUMに《inochi》が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。
名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える 新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2018.04.01 Sunday
新天地
新天地.JPG

しだれ咲き
草木は芽吹き
隻手の音
思いはたぎつ
嵯峨の月夜に







長らく思いを書き記すことから離れておりました…ごめんなさい。
城替えをするために、怒濤の日々をすごしていました…



静やかに草木が芽吹いてゆくなか、枝垂桜が咲き誇り、山の稜線に月が浮かぶ。


今、ぼくは、唐紙師として辿り着いた「唐紙は祈りの風景である」という境地を体現したアトリエを手がけています。
アトリエ雲母唐長は、京都御所西の地より新天地へと城替えを行いました。
新天地は、嵯峨。
もう少しで、比類なき唐紙の世界が生まれます。
苦節10年かけてようやくカタチにした新天地にて唐長の伝統の継承と発展に粉骨し、
次の10年、100年を見据えた仕事をし、唐紙を通じてより良い世界を築きたいと思います。

語らないこと、語れないこと、語り尽くせぬ思いは山ほどありますが、
隻手音声(せきしゅのおんじょう)ということばがあります。
隻手とは片手のことですが、両手を打たなければ音はでないのに、片手から出る音を聞けというのです…つまり、声無き声…音なき音を聞きなさい、と。
理屈や目に見えるだけの現象に捕われていると、難しいことかもしれませんが、語られていないもの、聞こえてないもの、見えていないもの、に何があるのか…



新しいアトリエには、気配や面影が宿ります。
訪れた人は、この地にて、ぼくたちが何を目指したのかが、わかるでしょう。
そして、この思いは、唐紙の新たな歴史を刻むとともに、やがて新しい風土となり文化となるでしょう。



唐紙を通じて世界が平和でありますように
人々の心がおだやかで幸せでありますように

ぼくは、嵯峨の地にて祈りを捧げ、唐紙を手がけ続けます。











2018.3.31
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:32 | - | - |