唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエKIRA KARACHO(雲母唐長)にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
KIRA KARACHO(雲母唐長)/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2018.09.01 Saturday
平成の百文様プロジェクト



100年前に板木を彫ってくれた人のおかげで今のぼくたちの幸せがあるのならば、100年後の人たちの為に、ぼくたちはいま何ができるだろうか?


初めにこういう気持ちを抱いたのは、初めて文化財の修復をした際です。
文化財の修復を担ったとはいえ、そのことだけに満足できない自分がいたのです。
今の時代に巡り合わせたバトンランナーとして、手がけたに過ぎない。
伝統を継承する仕事は、やれば終わりでもなく、一個人で完結する仕事でもない。

過去と今がつながることにより、伝統は未来へと継承する可能性が生まれます。

先祖が命がけで守り伝えた板木の恩恵の元に、その板木から生まれる唐紙を、唯一無二の時間軸の価値として伝えるのがぼくたちの仕事であり、この価値ある型(板木)を次世代へと繋げるのがぼくたちの使命です。
時代を生き抜いてきた板木にふれるたびに、今、目の前にある板木は、100 年前、200 年前に板木を彫った人、守り伝えた人、そして、唐紙を愛した人がいたからこそ、唐紙の伝統と文化は伝承することができたのだと、いつも感謝の念が絶えません。

一方では、型を守ることは大事なことだが、守りすぎると型だけが残ってしまう。

大事なことは型に宿る本質だと思う気持ちも強くあった。
時代は進んでいるのに、過去にこだわりすぎると、今、生きているモノが残せない。
数年前から、ぼくにとって唐紙の定義が変わりました。
いや、始まりました。
唐紙は、祈りの風景であり、人々の祈りや願いの物語が込められたカミさまの宿る美しい風景を、ぼくは唐紙と呼ぶようになりました。
文様とは何かという根源的な問いに、向き合ったのです。
だからこそ、今は今の時代の感性や祈りを物語として伝えることに価値があるのではと強く思い、今を生きる時代を反映した板木、すなわち「今の人間の物語」を遺さないということは、未来の時計の針を止めてしまっているのではと思うようになりました。
ただこれまで、その志をかかげて前へと進む勇気も実力も持ちあわせていなかったのですが、この度、覚悟を決めました。

唐長の文化を継承する人間として、この度、凡そ400年の歴史において、唐長が先祖代々守り伝えた板木に加え、新たに、今を生きる私たちの祈りや願いがこめられた文様を100枚創出し、100年後の未来に伝えようと、平成の百文様プロジェクトを発案、創起しました。

伝統とは、常に「今」。

今の私たちが未来へと何ができるかを考え、この時代の空気や気配、面影を板木に託そうと思いました。
いつか誰かの笑顔や幸せにつながることを祈って…

平成の百文様プロジェクトは、唐紙文化の普及を通じて、他の日本文化普及にも努め、伝統と継承、循環と再生の歴史を創造し続け、100 年後の京都に意味のある持続可能(サステナビリティ)な文化プロジェクトとすることを意図するものです。


なにかがつづくということは、つづける人がいるということです。
今、この思いは、明日の種であり、未来の花となるでしょう。





平成の百文様プロジェクト特設ページ











2018.9.1
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)

| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 08:52 | - | - |