唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のしつらいのオーダーをアトリエ雲母唐長にてうけ、またそれを制作すると共に、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めてゆくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」と呼ばれる技法から生まれるアート作品は、美術館にも収蔵されている他、寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場に納められており、その独特の気配と世界観を持つ唐紙作品には、言霊が宿り、情景や物語がそえられることから「ことのは唐紙師」と呼ばれている。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけており、一方では美術館にて唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催するなど、伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱。「平成の百文様プロジェクト」主宰。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2018.10.18 Thursday
松栄堂さん1993年の唐紙と2018年の唐紙


香老舗 松栄堂さん本店の床の間を包む唐紙を手がけさせていただきました。
畑社長が1993年の時に整えた室礼を、25年の時を経てこの度改修することになりました。
これからの時代の唐長を担う者として、今回はトトさんにお願いします、と、前回を知る畑社長から指名をうけたことは、光栄なことでありましたが、プレッシャーでもありました。

比べる対象があるからです。
25年前の光琳松の唐紙。オーソドックスな文様リピート仕上げではなく、余白をとりいれた自由配列構図仕上げです。
25年後の今回もまた、お題は自由配列の光琳松の唐紙でした。

余白を構図にとりこむ唐紙は、センスが問われる唐紙です。

四半世紀の間、唐長の仕事として床の間に鎮座してきたその唐紙を目にして、まず思ったことは、四半世紀前にこの唐紙を手がけてくれた人がいたということへの感謝です。
そのことがあるからこそ、今回の改修のタイミングで貼りかえる際に、今の時代のバトンランナーとして、この仕事が存在する。

歴史をつなぐ者は、そこに目を向けなければいけない。
そして、未来を見据えなければいけない。

今回の唐紙も、いつか改装する日がきたり、長い年月を経て朽ちたりする日が来る。その時、未来の人間が、先人は流石だと思える良き仕事を遺す必要があるのだが、良き仕事とは、それは単なる技術論ではない。

ある人に言われました。
伝統を越えることは、その伝統を受け継ぐ者にしかできないことだ。

過去を視る。
未来を視る。
今を視る。


今を視るために、遠くを視る。


ほんのり白く染めて雲母摺でうつしとった極々、静かな唐紙ですが、そこに込めたる思いは溢れんばかりです。
この松栄堂さんの唐紙が、永きに渡り多くの人々に愛でられること、世界の安寧に繋がることを願います。












2018.10.17
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:13 | - | - |