唐紙師トトアキヒコ
Karakami-shi・Karakami artisan・Blue art Japanese culture and innovation is beautifully captured by Kirakaracho, the only Karakami atelier since 1624.

トトアキヒコInstagram
totoakihiko_kirakaracho


唐紙師。平安時代から伝わる唐紙文化の伝統を継承しつつ、現代の世にアートとして唐紙の新しい道を切り拓いた。詩情が宿る深淵なる青い唐紙作品は「トトブルー」と愛され、青の芸術、青の作家とも呼ばれる。
雲母唐長オフィシャルサイト




唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2019.06.29 Saturday
唐紙アート作品:はじまりの青
5.はじまりの青.jpg


ほんとのことだから信じるのか
信じるからほんとのことになるのか

ひとは思ふようにある
はじまりは、信じる心の強さを信じることからはじまる。

蕨は、大いなる力が宿る誕生、唐草は、際限なく伸びゆく成長を表す。
何かが生まれること、はじまること、
そして、繁栄することへの祈りをこめた。



作品:はじまりの青/唐紙師トトアキヒコ








トトブルーと呼ばれる唐紙アート作品には、
世界平和を祈るとともにカミなき世にカミを呼び覚ましたいという思いが宿ります。
本来、日本人はモノの中にカミさまを見た。
また、モノを通してカミさまを見てきた視力がありました。
だから、ぼくは唐紙というモノにタマ(魂)が宿ることを願い、信じて今日も生きています。









2019.6.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 12:08 | - | - |