唐紙師トトアキヒコ
唐紙師。青の芸術、青の作家とも呼ばれる。平安時代から伝わりし唐紙を継承した襖や建具、壁紙、パネルや額装など、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。
2020年2月、世界平和の祈りを捧げた作品「Universal Symphony」を神殿に納め、22690人とともに「しふく刷り」を手がけた22メートルに及ぶ史上最大の唐紙アート作品を披露。4月には、雲母唐長のブランドストーリーブックとなる「人生を彩る文様」(講談社)を千田愛子と共著で刊行。
TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音「雲母唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2020.06.08 Monday
希望の花を咲かせたクレマチス
庭に咲いたクレマチス.JPG

世の中は大きな変革の時期を迎えようとしていますが、この騒動で、これまで以上に芸術の力が見直される時代が来たのではないか、そのように日々考えています。
家に閉じこもっているときに、人々は様々な形のアートの力によって、自分たちが癒されていることを感じたことでしょう。
そしてまだまだ人々は癒しを求めています。
アートと祈りを融合したトトさんの作品には、そうした人々に希望を与える力があり、そしてまたその声に応える務めがあるのだと思います。
選ばれた者だけが持つ運命、Universal Symphonyという作品を見て、私はそのように感じました。
どうかこれからも力強い作品を生み出し続けてください。(Tさん)



人生を彩る文様を上梓してから、いろんな声が日々届けられます。
このコロナ禍の中で、物理的な距離と関係なく繋がれる人がいることをしあわせに思います。講演会やサイン会など自粛や延期となってしまったので、公に会える機会がぐんと減ってしまいましたが、こういう環境下でも、何かできることはないだろうかと考え、雲母唐長のオンラインショップで講談社の新刊「人生を彩る文様」(サイン入り)を発売することにしました。

Be happy,Make happy

しあわせであることと、しあわせをつくること。
自分がしあわせであることと、他者の喜びをつくることは密接に絡み合った縄のようなものですが、今回のウイルス問題で一番厄介なのは、ソーシャルディスタンスとやら以上に、人との距離や心を分断させたということだと思います。
リモートだ、オンラインだという技術的なことではなく、人と人の結びつきに大きな変化がもたらされた中で、どうやって本当の意味で共生してゆくのか。
これから、その本質が問われてゆくでしょう。
全国から唐紙や作品をオーダーするためにアトリエに来てくださる方々とこれからは、どのようにして向き合うか、どうすれば、唐紙でこの世界に光をもたらせるのか考える日々です。
ここ数日、唐紙を愛する人のために、とにかくひたすら染め続け、かれこれ3万8000回ほど刷毛を振りました…1000本ノックに例えるなら、一人で38回も1000本ノックをしていることになります。晴れた日の仕事終わりには、心身ともにクールダウンしながら庭の水遣りを行い、草むしりをすることが日課となり、日々の庭の移り変わりに心躍る毎日です。
昨年、枯れたと思っていたクレマチスがたくさんの花をつけていて、ハッとしました。フェンスに絡んでいたものがなくなったと思いきや、付近の木々に絡んで、蔓草は生き続けたのです。

クレマチスは、希望の花を咲かせた。










2020.6.7
唐紙師トトアキヒコ
Karakami artisan Toto Akihiko(Karakami-Shi)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:24 | - | - |