唐紙師トトアキヒコ
唐長の文化を継承する唐紙師。従来の唐長の唐紙を継承した襖や建具、壁紙、唐紙を用いたパネルやランプなど、現代の暮らしに合うさまざまな唐紙を制作している。唐紙をアートにした第一人者であり、唐紙の芸術性を追求し、点描とたらし込みを融合させ自らの指で染めていくトトアキヒコ独自の技法「しふく(Shifuku)刷り」や「風祈」から生まれる深淵な青い唐紙作品は、八百万の神様や精霊とともに手がけた詩情が宿るスピリチュアルな<トトブルー>と愛され、公共、商業施設、個人邸に納め続けている。2010年、MIHO MUSEUMに作品「inochi」が収蔵・展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で唐紙の歴史上初めてとなる唐紙アートの美術展を開催。名刹養源院に奉納されたアート作品「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財「唐獅子図」と並んでいる。同寺にある俵屋宗達の重要文化財「松図」の唐紙修復も手がけ、三十三間堂本坊 妙法院門跡、名勝・無鄰菴、護王神社などにも唐紙を納めており、京都だけにとどまらず全国の寺社仏閣から唐紙を依頼され、唐長として伝統の継承を行いつつ、現代アートなる唐紙の世界を築き、前人未到の道を切り拓いている。
2015年9月、言霊と撮りおろした写真をまとめ、初エッセイ「日本の文様ものがたり」(講談社)を刊行。
2018年7月、百年後の京都に宝(心)を遺す文化プロジェクトを提唱し、「平成の百文様プロジェクト」主宰。江戸時代より 先祖代々受け継いできた600枚を超える板木に加える新たな100枚として、唐長の新しい歴史を担う。

TOTO has been working as a craftsman in KARACHO, that is a famous studio of KARAKAMI woodblock-printed paper in Kyoto established in 1624, and making traditional ‘fusuma‘ sliding doors and wall papers, and he is also passionate about an artistic expression with KARAKAMI. His original method called ‘SHIFUKU’ painting with his fingers can create unique works of art.
He provides his KARAKAMI works for various temples, shrines, museum,public facilities, and private houses, and people feel drawn to his works which the spiritual power of language brings some scenes and stories, that is a reason why he is called KOTONOHA KARAKAMI-SHI.
His artwork called ‘Wish on a star’ is displayed next to the important cultural property by TAWARAYA SOTATSU in YOHGENIN temple in Kyoto, and he had also restored another SOTATSU’s work there.
As mentioned above, he is devoting himself to maintain the traditional works, and trying to establish the contemporary arts with KARAKAMI at the same time.

KARAKAMI artisan
TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
雲母唐長

[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop



唐紙師トトアキヒコのブログ(2008年5月〜2013年6月)

http://blog.goo.ne.jp/kiratoto
New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
雲母唐長/ことのは唐紙師トトアキヒコが奏でる光と音…「唐長美術館」への軌跡
Seach this site
2015.07.17 Friday
その向こうへ
その向こうへ.JPG

ぼくには、ぼくを通して見えている世界がある


誰かが気づこうが気づかまいが
想像した以上に
世界は動きはじめている





近々、あることを発表します。
これまで積み重ねてきたことであり、ここ数年ずっとそこを目指してやってきたことが、ようやくカタチになる


目にうつることと、見ることは違う


遠くを見る力が、今為すことにつながる
そして、今、この目の前の1歩だけが
やがて、とてつもない遠くへと辿り着く唯一つの道


美しい花が、そのことを教えてくれた










2015.7.16
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 03:30 | - | - |
2015.05.29 Friday
初まりの唐紙
星に願いを.JPG



一は、初まりにして全てを兆す




ひたむきに色をかさねてゆく。
それはそこはかとなく…

光も闇も消えることなくゆっくりと沈み込んでゆく…

思うに…
色は光だ

ひたすら我が身をつかい色を紡いでゆくこの唐紙は、光りを紡いでいると知る







しふく刷りによるトトブルー作品「星に願いを」

1000年前も、今も、そして1000年後も人が星に願う姿が変わらないだろう
人が誰かのため、何かのために祈りを捧げる行為は
人間として最も尊い姿であり、美しいのではないか…

そのことから名付けた「星に願いを」は、数年前にぼくが初めてアート作品として手がけた唐紙

以来、ずっとその時々の時代の空気を吸いながら生まれてきた
今この時代の、今この瞬間の空気とともに、今を生きるぼくが祈りを捧げた唐紙











2015.5.29
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 23:36 | - | - |
2015.05.04 Monday
美を紡ぐ継ぐ美(tsugumi)
tsugumi 青季道.JPG

作品:tsugumi 青季道(あおきみち)

季節は巡る
山巡る風に春夏秋冬がひそみ
波に飛び交う千鳥は移ろい

明け方の青…朝の青…昼の青…夕方の青…日暮れの青…夜の青…闇夜の青…

いつもそこには、青が在る
月の光がとこしえに導くやすらぎ

(トトアキヒコ)





俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」、重森三玲の「好刻庵」が大好きという美術に造詣の深いクライアントさんから依頼を受けて手がけたトトブルー作品「青季道」

作品を染め分けたり、ツートンにしたりするのはこれまでもやってきましたが、今回はシャープな線をいかに美しく描き画面を切り替えつつ、全体にどう一体感をもたらせられるかという課題に挑む。
しかも、三枚の襖をまたいで一本の線を描くというのは、初めてのことであり、実際問題…とても難易度が高い。
なぜなら、平面上にラインをひくのとは訳が違い、襖は建具の前後やかぶさりがある立体物である。

表具師との綿密な打合せにより、現場施工にも立ち会い、無事、納まった時の喜びは、ひとしお。

この作品は、異なる唐紙を継ぎ合わせた継ぎ紙を用いて制作。
美しい唐紙と唐紙をつなぐ美の世界だから、つぐ美。
実は、このコンセプトも名前も数年前に考えて一度カタチにしたことがあったのだけど、その当時のぼくには、まだ迷いもあり力もなかったので、世にちゃんとだし続けることができずにいた。

今回、数年ぶりに手がけたこの作品を世にだすにあたり、改めてこのシリーズと向き合おうと決めた第一作がこれになる訳で、ぼくがこういう考えに至ったのには、この数年の月日が必要であり、今回のクライアントや設計士との出会いがその機会をつくってくれたからなのであろうと思い、とても感謝している。

前のぼくでは、できなかったことができている。
まさに、時節感当である。










2015.5.3
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:03 | - | - |
2015.04.23 Thursday
唐紙にこめた祈り
唐紙にこめた祈り.JPG

青が大好きだけど、これまで一番たくさん手がけてきたのは、圧倒的に白に白の世界の唐紙である。

陰影、気配、ゆらぎ…ぼくが思う美の要が反映されたこの唐紙は、青の世界とともに大好きな、そして大切にしている雲母の美しさがゆらぐ唐紙。


北海道、青森、福島、茨城、神奈川、千葉、埼玉、東京、群馬、栃木、新潟、静岡、愛知、石川、富山、大阪、神戸、広島、姫路、愛媛、福岡、熊本、鹿児島…京都など

日本全国各所に旅立つ白に白の世界の唐紙たち



ぼくの手から生まれる唐紙に祈りのなきものは1枚もない
ささやかなる祈りをこめた雲

この唐紙を見た人々の心おだやかでありますよう
そして、世界が平和でありますように











2015.4.23
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 10:12 | - | - |
2015.04.02 Thursday
愛しのLily
Lily.JPG

ぼくは愛しのリリーと暮らしている

Lily Chair

美は力
その椅子の美しさに身も心も魅了され癒されている

自分の好きをもつこと
すなわち、美意識をもつこと
そこに自分の価値観が在ること

好きなヒト、好きなモノ、好きなコトに囲まれて暮らすこと
その為に、1つずつ、なにかと日々の暮らしと丁寧に向き合うことは、実はとても大切なこと

なぜなら、それが心穏やかに暮らす最上の術であるから




これから、時代は変わります



衣食住という言葉
最後に言われる「住」
ファッションや車や着飾ることや外食に向けられていた人々の眼は、自分の居場所の快適さや安らぎは一体どこから生まれるのか、育まれるのかということの本質に気付きます
おざなりにしてきたことに、眼をむけることが人生を変化させることに繋がるということにきっと、気付くでしょう

その時です
唐紙には大いなる役割があります










2015.4.1
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:09 | - | - |
2015.03.11 Wednesday
ミズハ2015
ミズハ2015.JPG

2月のある日、東京銀座にあるスリープクリニック銀座の遠藤先生より依頼を受け納めた作品ミズハを自ら撮る。
この作品がいかにこの場で気炎をうずまいているかということ、患者さんの反響とともに聞かせてもらえた。
これまでの「しふく刷り」は、ある一定の流れをつくることがおおかったのだが今回生まれた作品には強いうねりがある。そのことが、この空間に素晴らしい空気の流れをつくっていた。

以下、作品説明


作品:ミズハ2015

静と動のうねり…
混沌から生まれる気配、ゆらぎ、波紋、音、光、影…から生まれた1つの青

深淵なるいのちの青は神秘なる水の世界でもあり
全てをのみつくすようなブラックホール
あらゆるものを解き放つはじまりの宇宙…


青で強い世界を表現してほしい

と、依頼を受け考えた時に思い浮かんだものが渦。
否、正確にはエネルギーのうねり、といえる。
それも、とても大きな。

まず、うねり。

ミズハとは水のカミさまと共に在ることから生まれる作品名であるが
此度は、水にとどまらずその根源的なところへと向かう作品となった。
同心円文様や円文様の起源は古く、多数の装飾古墳にも描かれており、生と死と再生…つづくことへの願いや死生観を表す祈りを表す。
呪のチカラが、ひそみ宿るこの力は、はじめは、見る人の心を誘い、ざわめかせ、戸惑わせるかもしれない…
が、ひとたびその空間に身を委ねれば、景色は変わり、やがて静寂に包まれることになる
そこで、大いなる宇宙を感じることができるだろう

カオスとコスモス
相反するかのようなものからあやなされた宇宙と地上に生きるぼくたちの交信…
(トトアキヒコ)






ありがたいことです。
襖や壁紙など従来の唐紙の仕事を日常的に行いつつも、様々な場に唐紙のアート作品が旅立つ。

先週末、兵庫の現場設営に立ち会い表具師とともに新しい試みの作品を納めた。
とてもクールな唐紙で、tsugumiという新しいシリーズが誕生した。
今週は、九州と山口、長野への作品発送。
その次は岡山と北海道、京都に大きな壁面の作品が待っている…ほんでもって次は東京で手がける唐紙のオブジェなどなど、まだまだ、つづくつづく…


これらは全て唐紙のアート作品依頼であり、数年前のあの時に始めなければ、そして、続けていなければ、全て今、存在し得ない仕事。

種蒔いてきたことを1つ1つ育ててゆくことでしか見れない景色、到達しえない世界がある訳で、1つ1つの作品の積み重ねが、ぼくをとてつもなく大きな舞台でへ連れて行く道しるべとなる。

今日の京都はハラハラと雪が舞う。
ぼくは思う。
連綿と続いてきた壮大な唐紙の歴史に、たとえ僅かでも、ひと雫、ひとひら、塵1つ…積み重ねること


この重みを歴史と言う











2015.3.10
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 02:03 | - | - |
2015.02.27 Friday
「Love Letter しあわせノ手紙」 新宿伊勢丹にて初お披露目!!
love letter.JPG

雲母唐長から新しいアイテムが生まれた

「Love Letter しあわせノ手紙」

と名付けた。



これは、ぼくたちがこれまで考えてきたこと、そしてさまざまな人との出会いから生まれた珠玉
若かりし頃から、ぼくをずっと見守ってくれているおばあちゃんがいる
血のつながりはない
ぼくのことを将来が楽しみなバカ息子と呼んでいる
いつも気にかけて、見守ってくれた

そのおばちゃんから、昨年、とても核心的な言葉をもらった

そのことが、このアイテムを開発するきっかけとなった
否、正確に言うとアイデアは前々からあったものだが、なかなか実行するのに踏み切れなかったぼくの背中を押した言葉であった

今、生まれたこの子たちを見て、感謝すべきは、先祖や唐紙を愛し共に唐長を育んでくれた人たちはもちろんのこと、おばあちゃんにありがとう、が素直な気持ち



このアイテムには特別な名を授けた
「Love Letter しあわせノ手紙」


そもそも唐紙の歴史は、文字を書く為の料紙にある
ぼくはアトリエでお客さんにも、さまざまなとこで講演させていただく時も必ずこの話をする。今、一般的に襖や壁紙として知られる唐紙だが、それは唐紙1200年の歴史の中でも400、500年ほどのことでそれよりはるかに長い別の歴史がある、そして2014年にその400、500年の歴史の唐紙の在り方に1つの転換期をつくったのがぼくの前人未到の挑戦である相田みつを美術館での美術展だった訳だが、それはまた別の時に…

つまり、唐紙は文字と蜜月の関係を築いてきた

海外のあるクリエイターと唐紙の文化や歴史について語っていた時に彼はこう言った
なるほど、カラカミはラブレターね
ねえ、トトさん、と、いうことは昔のカラカミヤさんは誰が誰に恋していたのかわかっていたのかな…笑
などとユーモアを交えながら彼と話した時のことはとても強いインパクトを持つ

唐紙の歴史…
おばあちゃんのある言葉…
海外クリエイターとの出会い…
そして、ぼくたちKIRA KARACHOがメッセージとして、いつもいつも伝えてきた唐紙は人をしあわせにする力があるということ、文様と色の世界を通じて世界に何ができるかということ


これらがグルグル渦巻いて生まれたのが「Love Letter しあわせノ手紙」



お披露目は、東京新宿伊勢丹にて行います
2015年3月4日、新宿伊勢丹にKIRA KARACHO(雲母唐長)の売場ができます










2015.2.27
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 08:14 | - | - |
2015.02.11 Wednesday
無のスパーク
無のスパーク.JPG

経験を積めばできるようになるのではない
経験を重ねるがゆえにできぬことがある

経験は人をつくるのだと思っていたが
経験は大切な何かを忘れさせることでもある
ということにぼくは気づいた





例えば、それは初めて心が動かされた感情ともいえる
ことばでつなぐと感動と書く

それは子どもたちの童心のようなもの

何かを喜び、笑う時
二度、もしくは数度、繰り返すと大人は笑えなくなる
さっきと同じ…とか、何回も同じことだ…と喜びや笑いを失う

子供たちは、違う
何度も笑う
いつもいつも真新しい眼で見ている
何度目かであることは関係ない
正に今、その瞬間に生きる光そのものだ

その眩さ
その光に
かげりをさすものは何だろう



一見、経験を積んだかの如く技術や創意工夫がされた作品というものには、初めて生まれた時の崇高さのようなものが欠けている。



年月というものは、残酷にもさまざまなことを突きつけてくる…
だから、ぼくは今迄の自分の考え方や在り方をそっくり変えなければならないと強く思うのです。
そうでなければ、これまでぼくの唐紙に宿ってきた超越した力というものが失われてしまうとすら思えるのです。

目指すは、静かなる音なき音のする唐紙…
いついかなる時も無のスパークを解き放つには、己をからっぽにすること。

有から有をつくりだすものにぼくの興味は向かない。
無から有が生まれるのを祈りつづけている、ぼくは。











2015.2.11
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 21:22 | - | - |
2015.02.03 Tuesday
龍神之神
龍神之神.JPG

ぼくの歩みに関せず世界はうごめきつづける
ものすごいスピードで歩みをすすめたはずなのに

すすんでいるのか、とまっているのか

滝を見る


この水は
落ちているのか昇っているのか


そんなことすらわからなくなるまで見ると



音が消える











2015.2.2
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 01:25 | - | - |
2015.01.11 Sunday
この重さ
重さ.JPG


それはこうした重さを自分の重さと感じることではないのか。


馬から未年へ、辻邦生の安土往還記と過ごした時間…
年の移り変わりに「重さ」ということを痛感する。

それは痛みを伴い
ある意味とっても重い






いろんなハードルを乗り越えてきたとぼくは思っていたけど
実はまだ何のハードルもなかったのかもしれない
今は自分がのりこえてきたハードルをこえてゆくというハードルが眼前にある
自分のやってきたことを自分で越えてゆくということのこの重さ


自分のやったことの足跡が残り続ける


その本当の重さを知ることこそが
次の道へすすむ唯一の方法かもしれない











2015.1.11
唐紙師トトアキヒコ
KARAKAMI artisan TOTO AKIHIKO(KARAKAMI-SHI)
| 唐紙師トトアキヒコ | 思い | 22:42 | - | - |